トップページ文化・観光史跡・寺院・文化財伝統行事>ヤホー神事

ヤホー神事

毎年10月の第一日曜日に若宮神社(稲田)で、秋祭りが行われます。獅子頭を先頭に一同が行列を作り神楽歌を歌いながら、境内を進んでいきます。そして神前で並び、鱗小紋を染め抜いた赤茶色の衣装と鬼の面をつけた棒振りと、馬に乗った子ども、蚊帳の中に入った子どもとの問答が行われます。ヤホー神事も室町時代から始まったといわれ、「ヤホー」は、神楽歌の「イヤァホー〜」からつけられたといわれています。

また、氏子が担ぐ神輿は、お旅所までの馬場道を五穀豊穣を祈って、天狗、お多福とともに練り歩きます。

「伝統行事」に戻る

 

ヤホー神事の写真