トップページ文化・観光史跡・寺院・文化財>古川城

古川城

古川城は、中世の山城で、郭は大きくは主尾根、北山腹、東尾根、西尾根の四区画に分かれ、郭、土塁、掘切、土橋、横矢、堅堀などの施設が多く残っています。
1996年に発掘調査された西尾根区画では、自然の山、谷などを巧みに利用して、たやすく敵に攻め込まれない防御機能を備えた大規模な虎口(出入り口)が見つかりました。
現在は、ゴルフ場のコースの中に保存されています。

所在地: 〒673-1105
兵庫県三木市吉川町古川
アクセス: 県道314号線沿いにある古川公民館の東側

観光マップ

西尾根区画郭の写真
▲ 西尾根区画郭:上空から

 

復元模型の写真
▲ 復元模型