トップページ文化・観光史跡・寺院・文化財>平井山ノ上付城跡(秀吉本陣跡)

平井山ノ上付城跡(秀吉本陣跡)

 羽柴秀吉が三木城攻めの本陣とした付城です。美嚢川と志染川の間に面した山上に位置します。南西に三木城を望むことができます。
 天正6年(1578)7月、織田信忠が当地に着陣して築城し、羽柴秀吉に引き渡したとされます。10月15日、秀吉は平井山に津田宗及を招き、記念すべき初めての主催となる茶会を開催しました。同22日に別所方が襲来して平井山合戦が繰り広げられ、別所治定などが討ち死にし、別所方は敗北しました。
 城の構造については、数多く残る三木城攻めの付城群の中で最大の規模を誇り、三木城の反対側の谷部に雛壇状の曲輪(くるわ)群を設け、軍勢の駐屯部を確保しています。これは、三木城から付城内の軍勢の状況が見えないようにするためといえます。
 なお、秀吉本陣跡の位置については、従来は当城の谷を隔てた北側の山上の城跡とされてきました。しかし、江戸時代前期に描かれた『諸国古城之図』(浅野文庫所蔵)に収められている「播磨国平井山」の絵図を頼りに現地確認及び測量調査を実施したところ、当城が絵図と酷似していることが判明しました。これにより、この地点が秀吉本陣跡であることが明らかとなりました。

平井山ノ上付城跡(秀吉本陣跡)の写真
 

平井村中村間ノ山付城跡

 秀吉本陣跡の谷を隔てた北側の山上に位置しています。秀吉本陣跡の北側の守備を担っていました。南西に三木城を望みます。以前は当城が秀吉本陣跡に比定されていましたが、近年の調査で、『播磨鑑』・『別所軍記』に見る竹中半兵衛が陣した付城であるとされています。
 主郭は低い土塁に囲まれており、南側に虎口(出入口)が設けられています。西斜面に帯曲輪状の削平地がみられます。



平井村中村間ノ山付城跡の写真
観光マップ