トップページ文化・観光史跡・寺院・文化財慈眼寺裏山城跡

慈眼寺裏山城跡

通称「一本松」と呼ばれる慈眼寺裏山の山頂には、三木城を攻めるために築かれた陣城跡があり、羽柴秀吉の武将有馬法印則頼が陣を置いたといわれています。

山陽自動車道建設に伴い一部発掘調査が行われ、堀跡や建物跡など城の遺構が検出されました。

城跡へは山陽自動車道の側道から上がることができ、市街地はもちろん、遠く淡路の島影も展望できるすばらしいパノラマが展開しています。



慈眼寺の写真