トップページ文化・観光史跡・寺院・文化財>慈眼寺

慈眼寺

大化4年(648)に法道仙人の開基と伝えられ、一時荒廃したが南北朝時代に播磨の守護、赤松則村(円心)が再興したという縁起をもつお寺で、秋は紅葉の名所として知られています。

境内には明治初年に東京は両国の回向院から分墓した鼠形の石の台座に墓碑を乗せた鼠小僧次郎吉の墓が祀られています。また、鐘楼には延慶2年(1309)の銘がある県指定文化財の梵鐘があります。この梵鐘は、天正年間の三木合戦のおり、羽柴秀吉の武将有馬法印則頼が寺の裏山に布陣し、陣鐘に使用したと伝えられています。


TEL: 0794-82-4093
所在地: 〒673-0411
兵庫県三木市久留美1722
アクセス: 神戸電鉄三木上の丸駅から徒歩約31分

観光マップ

慈眼寺の写真
梵鐘の写真 梵鐘