トップページ文化・観光特産物地場産業・金物>金物の歴史

金物の歴史

〜 三木の歴史は金物の歴史です 〜
  • 技術交流から始まった
    日本で最初の金物のまちと言われる三木市。その起源は、今からおよそ1500年も昔、五世紀の中頃のこと。天目一箇命(あめのまひとつのみこと)を祖神とするこの地方の大和鍛冶と、百済の王子恵が丹生山へ亡命してきた時に連れてきた技術集団、韓鍛冶が技術を交流。すばらしい技術を持った韓鍛冶が三木に住み着いて、鍛冶を行ったのが始まりでした。その後、鍛冶の発達とともに優れた技術を持つ大工職人を数多く輩出。平城京、平安朝の時代から国宝級の建物を手がけてきたのは、日原大工と呼ばれるこの地方の大工でした。
  • 憧れの的、三木の大工道具
    戦国時代に入ると刀剣づくりが盛んになり、中国街道筋の城下町として大いに繁栄を誇った三木。さらに江戸時代、農閑期になると、大工職人は、京、大阪、丹波、但馬へ出稼ぎに行きました。このときに持っていった大工道具のすばらしさが他国でももてはやされ、次に行く時には品物をもって売りさばくようになりました。

    これが、全国を股にかける三木金物卸商のきっかけです。
  • そして、世界へ躍進する三木の金物
    より多彩に、より広いエリアへ伝統的な大工道具、左官道具をはじめ、作業工具、機械刃物、園芸用具等多種多様の金物製品を生産する我国屈指の金物特産地として世界にその優秀な製品を供給しています。
 

 

お問い合わせ:三木金物商工協同組合連合会

〒673-0431 兵庫県三木市本町2丁目1-18
TEL:0794-83-5305 
FAX:0794-82-3188