トップページ文化・観光特産物地場産業・金物>金物鷲

金物鷲

金物鷲の写真海外にも雄飛した三木金物のシンボル
翼長5メートル、重さ1.5トン

海外にらんらんと光らせた目を向けて、大空いっぱいにひろげた両翼を羽ばたかせて岩場を飛び立とうとする大鷲のポーズ------これが特産三木金物のあらゆる製品で組みたてられて、すっかりおなじみになっている金物鷲です。

三木金物製品の鋸や庖丁、ナイフ、ギムネ、鉈、手鈎など総数にして3,329点を使用しており、なんと重さ1.5トン、翼長5m、高さ3.2mもある威容は、展示するたびに関係者の注目を集めています。

金物見本市でデビューしたこの鷲の人気は高く、万国博をはじめ国際見本市から全国各地で開かれた見本市、展示会の機会にたびたび飾られてきた歴史があります。

何といっても金物鷲が自慢にするのは、アメリカ、ドイツに飛んだこと。そして昭和天皇、皇后両陛下にもお目にかかったことです。
三木金物の優秀性と体いっぱいに誇らしげに表現する雄姿の素晴らしさは金物業界のシンボルとして、果たす役割は大きいものがあります。

この金物鷲に使われた金物製品は総計3,329点
内訳は、鋸530、庖丁812、肥後守ナイフ500、手鈎8、鏝65、鑿43、小刀41、鉋62、鎌92、ギムネ75、鉈1、鎌口金1,100です。

 

お問い合わせ:三木金物商工協同組合連合会

〒673-0431 兵庫県三木市本町2丁目1-18
TEL:0794-83-5305 
FAX:0794-82-3188