トップページ文化・観光史跡・寺院・文化財>八幡森史跡公園(淡河弾正の墓)

淡河弾正の墓(八幡森史跡公園)

三木城主別所長治と婚姻関係にあり、同盟を結んでいた淡河弾正の墓。
淡河城主淡河弾正忠定範は智勇共にすぐれた武将で、秀吉の弟の秀長軍が攻めてきた時、雌馬の群を放って、騎馬軍勢を混乱させ、城に火をつけてその隙をついて三木城へ逃げのびます。平田、大村の合戦でも大活躍しますが、撤退の途中に八幡の森で割腹してみごとな最後をとげました。