トップページ文化・観光史跡・寺院・文化財>正入寺

正入寺

慶長6年(1601)姫路城主池田輝政の家老伊木豊後守忠次が三木城主となった時、先君池田勝入斉信輝公追善のため、尾州知多郡大野の斉年寺より日山和尚を招き建立し、護国山勝入寺と号して伊木氏の菩提寺とした。今は正入寺としているが、池田信輝、輝政、伊木豊後守忠次、長門守忠繁の位牌を祀り、境内には供養塔もある。



観光マップ

正入寺の写真