○三木ホースランドパーク条例

平成10年10月1日

条例第20号

(設置)

第1条 人間と動物と自然のふれあいの場をつくることにより、市民の教養、文化の向上及び青少年の健全育成に資するために、三木ホースランドパーク(以下「公園」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 公園の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称 三木ホースランドパーク

位置 三木市別所町高木字大山

(施設)

第3条 公園に次に掲げる施設(以下「施設」という。)を置く。

(1) ふれあいの森

(2) エオの森

2 ふれあいの森にふれあいの館、ターゲットバードゴルフ場、パットパットゴルフ場、ホースシューズ場その他の附属施設を、エオの森に研修センター、キャンプ場その他の附属施設を置く。

(指定管理者による管理運営)

第3条の2 施設の管理運営は、法人その他の団体であって、市長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)にこれを行わせる。

(指定管理者が行う業務)

第4条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 市民の余暇の活用、教養及び文化の向上並びに健康の増進を図ること。

(2) 学童、生徒、住民等の交流の促進と宿泊研修等に関すること。

(3) スポーツの振興に関すること。

(4) 前3号に掲げるもののほか、第1条に規定する目的を達成するため必要な業務

(休業日及び開業時間)

第4条の2 施設の休業日及び開業時間は、市長の承認を得て指定管理者が定めるものとする。

(利用の許可)

第5条 施設を利用しようとするものは、あらかじめ指定管理者の許可を受けなければならない。許可された事項を変更するときも、同様とする。

2 指定管理者は、前項の許可に公園の管理運営上必要な条件を付し、又はこれを変更することができる。

(利用の許可の基準)

第6条 指定管理者は、次の各号のいずれかに該当するときは、前条第1項の許可をしないことができる。

(1) 公の秩序又は善良な風俗を害するおそれがあると認められるとき。

(2) 公園又はその附属設備を損傷し、又は滅失するおそれがあると認められるとき。

(3) 公衆の公園の利用に支障を及ぼすおそれがあるとき。

(4) 三木市暴力団排除条例(平成24年三木市条例第1号。以下「暴力団排除条例」という。)第2条第1号に規定する暴力団(以下「暴力団」という。)を利することとなると認めるとき。

(5) 前各号に掲げるもののほか、公園の管理上支障があると認められるとき。

(行為の制限)

第7条 公園において、次に掲げる行為をしようとするものは、指定管理者の許可を受けなければならない。許可された事項を変更するときも同様とする。

(1) 行商、募金、出店その他これらに類する行為をすること。

(2) 業として写真又は映画を撮影すること。

(3) 興業を行うこと。

(4) 競技会、展示会、博覧会その他これらに類する催しをすること。

(5) 前各号に掲げるもののほか、公園の全部又は一部を独占して利用すること。

2 第5条第2項及び前条の規定は、第1項の許可について準用する。

(行為の禁止)

第8条 公園においては、次の各号に掲げる行為をしてはならない。

(1) 公園を損傷し、又は汚損すること。

(2) 土地の形質を変更すること。

(3) 竹木を伐採し、又は植物を採取すること。

(4) 施設、工作物その他の物件を変更又は損壊すること。

(5) はり紙若しくははり札をし、又は広告及びこれらに類するものを表示すること。

(6) 鳥獣魚類を捕獲し、又は殺傷すること。

(7) 所定の場所以外で飲酒し、又は火気(喫煙を含む。)を使用すること。

(8) 騒音、暴力等他人に迷惑をかけること。

(9) 前各号に掲げる事項のほか、公園の管理運営上支障を生じること。

(権利譲渡等の禁止)

第9条 第5条第1項の規定による利用の許可及び第7条第1項の規定による行為の許可(以下「利用許可」という。)を受けたものは、その権利を譲渡し、又は転貸してはならない。

(利用許可の取消し等)

第10条 指定管理者は、次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、利用許可を取り消し、その効力を停止し、若しくはその条件を変更し、又は行為の中止、原状回復若しくは公園からの退去を命じることができる。

(1) 利用許可に付した条件に違反したとき。

(2) 偽りその他不正な手段により、利用許可を受けたとき。

(3) 前2号に定めるもののほか、この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

2 指定管理者は、次の各号のいずれかに該当するときは、利用許可を受けたものに対し、前項に規定する処分をし、又は同項に規定する必要な措置を命ずることができる。

(1) 公園に関する工事のため、やむを得ない必要が生じたとき。

(2) 公園の保全又は使用に著しい支障が生じたとき。

(3) 公益上やむを得ない必要が生じたとき。

3 市及び指定管理者は、前2項に規定する措置により、利用許可を受けたものに損害があっても、その責めを負わない。

(誓約書の徴取等)

第10条の2 指定管理者は、第5条第1項の許可に係る申請があった場合において、必要があると認めるときは、暴力団排除条例第7条第2項の規定に基づき、同項において準用する第6条第2項各号に規定する誓約書を徴取すること及び当該許可に係る施設の利用が暴力団を利することとなるか否かについて所轄の警察署長の意見を市長に対し聴くことを求めることができる。

(原状回復の義務)

第11条 利用許可を受けたもの(以下「利用者」という。)は、その責めに帰すべき理由により公園を損傷し、又は滅失したとき並びに第10条第1項の規定により原状回復を命じられた場合は、速やかにこれを原状に回復し、又はこれに要する経費を負担しなければならない。

第12条 削除

(利用料金)

第13条 利用者は、利用許可を受けたときは、利用許可に係る料金(以下「利用料金」という。)を納付しなければならない。

2 前項に規定する利用料金は、利用許可を受けた際、納付しなければならない。ただし、指定管理者が特別の理由があると認めたときは、利用料金を後納させることができる。

3 利用料金は、別表に定める額の範囲内において指定管理者が市長の承認を得て定めるものとする。

4 第7条の規定に基づき、公園において行為をしようとするものは、指定管理者が市長の承認を得て定めた額を指定管理者に対し、納付しなければならない。

5 利用料金は、指定管理者の収入とする。

(利用料金の減免)

第14条 指定管理者は、あらかじめ規則に定める基準に従い、利用料金を減額し、又は免除することができる。

(利用料金の不還付)

第15条 既納の利用料金は還付しない。ただし、指定管理者は、あらかじめ市長が定める基準に従い、その全部又は一部を還付することができる。

(委任)

第16条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、規則で定める日から施行する。

(平成11年1月規則第1号で、同11年4月1日から施行)

附 則(平成17年12月21日条例第100号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月30日条例第1号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成24年7月1日から施行する。

附 則(平成26年3月31日条例第13号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

別表(第13条関係)

有料公園施設及び利用料金

(1) ふれあいの森

名称

単位

利用料金

平日

土曜日・日曜日・休日

ターゲットバードゴルフ場

1人1回

300円

500円

パットパットゴルフ場

1人1回

300円

500円

ホースシューズ場

1人1回

100円

200円

附属備品

規則で定める額

備考 市内に住所を有する中学生(以下「市内の中学生」という。)以下による教育目的の団体利用については、50パーセントの率を乗じて得た額以内とする。

(2) 研修センター(宿泊施設)

名称

宿泊料金(1泊につき)

休憩料金

時間超過料金

洋室A

12,600円

4,200円

1時間につき 1,575円

洋室B

6,825円

2,310円

1時間につき 945円

洋室C

10,500円

3,570円

1時間につき 1,365円

和室A

23,100円

7,770円

1時間につき 2,940円

和室B

21,000円

7,035円

1時間につき 2,730円

洋室大

21,000円

7,035円

1時間につき 2,730円

和室大

21,000円

7,035円

1時間につき 2,730円

備考

1 1泊についての利用時間は、午後4時から翌日午前10時までとする。

2 休憩の利用時間は、午前11時から午後3時までとする。

3 洋室Bを除く宿泊室を1人で利用する場合は、それぞれの額の80パーセントの率を乗じて得た額以内とする。

4 利用料金には、食事料金は含まない。

5 利用時間を超過して利用する場合は、時間超過料金を徴収する。ただし、引き続き2日以上宿泊する場合については、到着日及び出発日に限り徴収することとする。

6 市内の小学校、中学校による自然学校の利用については、25パーセントの率を乗じて得た額以内とする。

7 市内の中学生以下による教育目的の団体利用については、50パーセントの率を乗じて得た額以内とする。

(3) 研修センター(宿泊施設を除く。)

名称

利用料金

午前9時から午後6時まで1時間につき

午後6時から午後10時まで1時間につき

大集会室

1,575円

1,890円

研修室(大)

(半室使用)

1,050円

(525円)

1,260円

(630円)

研修室(小)

315円

420円

図書コーナー

420円

525円

和会議室

315円

420円

備考

1 利用時間が上記区分の両方にわたる場合の利用料金は、それぞれの額を合算した額とする。

2 和会議室に宿泊する場合は、研修センター和室大の宿泊料金を適用する。

3 この表に定めるもののほか、施設の一部分割利用、附属備品、娯楽施設等の利用料金は、別に規則で定める額とする。

(4) キャンプ場

名称

利用料金

午前9時から午後6時まで1時間につき

午後6時から午後10時まで1時間につき

キャンピングセンター和室

315円

420円

キャンピングセンター工作室

1,050円

1,260円

キャンプサイト

1泊につき1,575円(日帰りの場合は1,050円)

備考

1 利用時間が上記区分の両方にわたる場合の利用料金は、それぞれの額を合算した額とする。

2 キャンプサイトの日帰りの利用時間は、午前10時から午後4時までとする。

3 この表に定めるもののほか、施設の一部分割利用、附属備品、娯楽施設等の利用料金は、別に規則で定める額とする。

4 キャンプサイトの市内の中学生以下による教育目的(自然学校を含む。)の団体利用については、50パーセントの率を乗じて得た額以内とする。

三木ホースランドパーク条例

平成10年10月1日 条例第20号

(平成26年4月1日施行)