○三木市水道事業職員の勤務時間その他の勤務条件に関する規程

昭和52年4月1日

企業管理規程第2号

(趣旨)

第1条 この規程は、三木市上下水道部(ただし、水道事業に限る。)に勤務する職員で、常時勤務を要する者(臨時に雇用される者を除く。以下「職員」という。)の勤務時間その他の勤務条件に関して必要な事項を定めるものとする。

2 臨時に雇用される者の勤務時間その他の勤務条件については、管理者が別に定める。

(勤務時間)

第2条 普通勤務職員の勤務時間は、休憩時間を除き、1週間について、38時間45分とする。

2 交代勤務職員の勤務時間は、4週間を平均して1週間当たり38時間45分とする。

3 前2項の勤務時間の割振り及び休憩時間は、次のとおりとする。ただし、管理者が業務の都合により必要があると認めるときは、勤務時間の割振り及び休憩時間について別に定めることがある。

(1) 普通勤務

区分

勤務時間

休憩時間

月曜日から金曜日まで

午前8時30分から午後5時まで

勤務時間中において45分とする。

(2) 交代勤務

区分

勤務時間

休憩時間

第1直

午前8時30分から午後5時まで

勤務時間中において45分とする。

第2直

午後5時から翌日の午前8時30分まで

勤務時間中において1時間とする。

第3直

非番

4 交代勤務職員の交代時刻は、勤務時間の始業、終業の時刻とする。

5 交代勤務は、原則として2週間交代とし、毎月の勤務割りは、前月25日までに管理者が定めるものとする。

(断続的勤務に従事する職員の勤務時間)

第3条 前条の規定にかかわらず断続的勤務に従事する職員の勤務時間及び休憩時間については、業務の実状に応じて管理者が別に定めるところによる。

(勤務を要しない日)

第4条 職員の勤務を要しない日は、次のとおりとする。

(1) 普通勤務の職員 日曜日及び土曜日

(2) 交代勤務の職員 4週間を通じ8日の割合で管理者の定める日

(休日)

第5条 職員は、休日には、特に勤務することを命じられない限り、正規の勤務時間中においても勤務することを要しない。

2 前項の休日は、次に掲げる日とする。

(1) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(2) 12月29日から翌年1月3日までの日(国民の祝日に関する法律に規定する休日を除く。)

3 交代勤務の職員にあっては、休日が勤務を要しない日に当たるときは、休日の直後の勤務を要する日(その日が休日に当たるときは、当該休日の直後の勤務を要する日)を休日とする。ただし、正規の勤務時間の割振りの実状により必要があるときは、管理者の定める日を休日とする。

(勤務を要しない日の振替)

第6条 管理者は、職員に第4条の規定による勤務を要しない日において特に勤務することを命ずる必要がある場合には、第2条の規定により勤務時間が割り振られた日(以下「勤務日」という。)を勤務を要しない日に変更して当該勤務日に割り振られた勤務時間を当該勤務をすることを命ずる必要がある日に割り振り、又は勤務日の勤務時間のうち半日勤務時間(第2条の規定により勤務時間が割り振られた日の勤務時間の2分の1に相当する勤務時間をいう。以下同じ。)を当該勤務日に割り振ることをやめて当該半日勤務時間を当該勤務することを命ずる必要がある日に割り振ることができる。

(時間外勤務及び休日勤務)

第7条 所属長は、労働基準法(昭和22年法律第49号。以下「法」という。)第33条第1項に規定する事由に該当する場合又は法第36条に基づく協定を締結した場合若しくは法第41条第2号及び第3号の職員に係る場合は、職員に対して正規の勤務時間を超えて勤務することを命じ、又は勤務を要しない日若しくは休日に勤務することを命じ、又は電話等で臨時に呼び出して勤務することを命ずることができる。

(休日の代休日)

第8条 管理者は、職員に休日に割り振られた全勤務時間又は半日勤務時間について、特に勤務することを命じた場合には、当該休日前に、当該休日に代わる日(半日を含む。以下「代休日」という。)として、当該休日後の勤務日(休日を除く。)を指定することができる。

2 前項の規定により代休日を指定された職員は、勤務を命ぜられた休日の全勤務時間又は半日勤務時間を勤務した場合において、当該代休日には、特に勤務することを命ぜられるときを除き、正規の勤務時間においても勤務することを要しない。

(出張、その他事業所外での時間外勤務)

第9条 職員の出張先、その他事業所外での時間外勤務は、所属長の別段の指示がない限り通常勤務とみなす。

(宿日直)

第10条 職員は、管理者が別に定めるところにより、日直及び宿直の勤務に服さなければならない。

(休暇)

第11条 職員の休暇の種類は、次のとおりとする。

(1) 年次休暇

(2) 療養休暇

(3) 特別休暇

(4) 組合休暇

2 年次休暇、療養休暇及び特別休暇は、有給休暇とし、組合休暇は無給休暇とする。

(年次休暇等)

第12条 年次休暇、療養休暇及び特別休暇については、市長の事務部局に勤務する一般職員の例による。

2 所属長は、職員の請求した時季に年次休暇を与えることが事業の正常な運営を妨げる場合においては、他の時季にこれを与えることができる。

(組合休暇)

第13条 管理者は、職員が労働組合の規約に定める執行機関、監査機関、議決機関(代議員制をとる場合に限る。)、投票管理機関及び諮問機関の構成員として当該機関の業務に従事する場合又は労働組合の加入する上部団体のこれらの機関に相当する機関の業務で当該労働組合の業務と認められるものに従事する場合においては、その者に対し1暦年につき30日以内の組合休暇を与えることができる。

2 前項の休暇は、日、半日又は時間を単位として与えるものとする。この場合において半日を単位とするときは2回、時間を単位とするときは7時間45分をもって1日とする。

(補則)

第14条 この規程その他別に定めるもののほか、職員の勤務時間その他の勤務条件については、市長の事務部局に勤務する一般職員の例による。

附 則

(施行期日)

1 この規程は、昭和52年4月1日から施行する。

(規程の廃止)

2 次に掲げる規程は、廃止する。

(1) 三木市水道ガス事務所職員の勤務時間等に関する規程(昭和44年企業管理規程第2号)

(2) 三木市水道ガス事業所職員のうち浄水場及びガス工場に勤務する者の勤務時間に関する規程(昭和44年企業管理規程第3号)

附 則(昭和61年6月1日企管規程第6号)

この規程は、昭和61年7月1日から施行する。

附 則(平成元年11月16日企管規程第6号抄)

(施行期日)

1 この規程は、平成元年12月1日から施行する。

附 則(平成5年5月31日企管規程第3号)

この規程は、平成5年6月1日から施行する。

附 則(平成12年9月29日企管規程第11号)

この規程は、三木市公営企業の設置等に関する条例の一部を改正する条例(平成9年三木市条例第30号)の施行の日〔平成12年10月1日〕から施行する。

附 則(平成18年3月30日企管規程第3号)

この規程は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成20年7月1日企管規程第1号)

この規程は、平成20年7月1日から施行する。

附 則(平成21年3月31日企管規程第2号)

この規程は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月31日企管規程第2号)

この規程は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成30年4月1日企管規程第1号)

この規程は、平成30年4月1日から施行する。

三木市水道事業職員の勤務時間その他の勤務条件に関する規程

昭和52年4月1日 企業管理規程第2号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第12編 公営企業/第1章 水道事業
沿革情報
昭和52年4月1日 企業管理規程第2号
昭和61年6月1日 企業管理規程第6号
平成元年11月16日 企業管理規程第6号
平成5年5月31日 企業管理規程第3号
平成12年9月29日 企業管理規程第11号
平成18年3月30日 企業管理規程第3号
平成20年7月1日 企業管理規程第1号
平成21年3月31日 企業管理規程第2号
平成27年3月31日 企業管理規程第2号
平成30年4月1日 企業管理規程第1号