○三木市安全運転管理規則

昭和54年3月31日

規則第5号

第1章 総則

(目的)

第1条 この規則は、車両の管理及び運行について必要な事項を定め、車両を常に最良の状態において維持するとともに、車両事故を防止することを目的とする。

(定義)

第2条 この規則において「車両」とは、道路交通法(昭和35年法律第105号。以下「法」という。)に定める車両のうち自動車及び原動機付自転車をいう。

第2章 安全運転管理

(安全運転管理者等の選任及び解任)

第3条 法第74条の2の規定に基づき、市長は法定の資格を有する者のうちから、安全運転管理者及び副安全運転管理者(以下「安全運転管理者等」という。)を選任するものとする。

2 市長は、安全運転管理者等を選任したときは、選任した日から15日以内に所管警察署長を通じ、公安委員会に届け出るものとする。これを解任したときも同様とする。

(安全運転管理の統轄)

第4条 安全運転管理者の業務(以下「管理業務」という。)及び車両管理については、総務部長がこれを統轄する。

(安全運転管理者の責務)

第5条 安全運転管理者は、総務部長の指揮を受け、次の各号に定める管理業務を適正に行うとともに、車両管理者、車両管理補助者及び運転者に対する交通関係法令の周知その他安全運転に必要な教育、指導及び監督を行うものとする。

(1) 無免許運転の禁止

(2) 飲酒運転の禁止

(3) 過労運転等の禁止

(4) 法令違反の強要、助長等の禁止

(5) 運転日誌の総括管理

(6) その他総務部長が必要と認めること。

(副安全運転管理者の責務)

第6条 副安全運転管理者は、安全運転管理者の指示を受け、管理業務を袖佐するものとする。

2 副安全運転管理者は、安全運転管理者に事故があるときは、その業務を代行するものとする。この場合において、副安全運転管理者が複数のときは、副安全運転管理者のうちから総務部長の指定する者が安全運転管理者の業務を代行するものとする。

(車両管理者)

第7条 車両の所属する課(課に準ずるものを含む。以下同じ。)に車両管理者を置き、当該課の長をもってこれに充てる。

2 車両管理者は、所管の車両について安全運転管理者等の指示に従い次の各号に掲げる業務を行うものとする。

(1) 車両の維持管理に関すること。

(2) 運転日誌を検閲すること。

(3) 車両運転を承認すること。

(4) 車両運行について、安全運転に必要な事項を確認すること。

(車両管理補助者)

第8条 車両管理者は、前条第2項の業務を補助させるために財政課長の承認を受けて、車両管理補助者を置くことができる。

2 車両管理者は、前条第2号から第4号までの業務を車両管理補助者に委任することができる。

(車両運転の申出)

第9条 運転者は、車両を運転しようとするときは、当該車両に係る車両管理者又は前条第2項の規定により車両管理者の委任を受けた車両管理補助者(以下「車両管理者等」という。)の承認を受けなければならない。

(車両運転の承認)

第10条 前条の申出を受けた車両管理者等は、運転者及びその運転業務について次の各号に掲げる事項を確認した後でなければこれを承認してはならない。

(1) 当該車両の運転に必要な免許を受けていること。

(2) 酒気をおびていないこと。

(3) 過労、病気その他の理由により正常な運転ができないおそれのないこと。

(4) 運転業務に法定速度の遵守の違反を誘発するような時間の拘束がないこと。

(5) その他安全運転に必要と認める事項

第3章 車両管理

(運転時間と格納)

第11条 運転は、原則として定時間内に行うものとし、車両は特に指定する場合を除き、市の車庫に格納保管するものとする。

(車両のかぎの保管)

第12条 運転者は、運転終了後、車両のかぎを必ず車両管理者等に返還するものとし、関係者以外の者がみだりに持出すことのないようにしなければならない。

(運転日誌)

第13条 車両管理者は、車両ごとに運転開始及び終了の時間、車両距離メーター、経路等必要な事項を記録する運転日誌(様式第1号)を備え付け、運転実態を把握しなければならない。

(車両管理台帳)

第14条 財政課長は、車両ごとに車両管理台帳(様式第2号)を備え付け、資産管理及び安全管理に活用するものとする。

2 車両管理台帳には、有効な車検証写及び自動車保険証券写を貼付しなければならない。

(運転免許の報告)

第15条 自動車運転免許証(以下「免許証」という。)を所持する者は、毎年度4月10日までに免許証の写しを添えて、運転免許証所有状況調査表(様式第3号)により所属長に報告するとともに、随時所属長の求めに応じ、免許証を提示しなければならない。

2 前項の者は、免許証の記載事項等に変更を生じたときは、その都度免許証の写しを所属長に提出しなければならない。

3 職員は、免許証を取得したときは、免許証の写しを添えて、運転免許取得報告書(様式第4号)により所属長に報告しなければならない。

第4章 運転者の服務

(運転者の心構え)

第16条 運転者は、車両を運転するに当たって、常に人命尊重を旨とし、交通関係法令に従って運転上細心の注意を払い、特に安全速度を厳守して車両の保全と交通事故及び法令違反行為の絶無に努めなければならない。

(運転者の自覚)

第17条 運転者は、安全運転を行うために次の各号に掲げる事項に注意し、常に心身の健康を保持するように努めなければならない。

(1) 私生活を規津正しくするように努めること。

(2) 常に睡眠を十分にとり、規則正しい食事をとるように心がけること。

(3) 精神の安定を常に保つように心がけること。

(私用運転の禁止)

第18条 車両は、業務以外の目的に使用してはならない。

(運転者の服装)

第19条 運転者は、制服を着用し、安全運転に支障のないはきもの、眼鏡等を着用しなければならない。

(過労等の申し出)

第20条 運転者は、過労、病気等の理由により安全な運行をすることができないおそれがあるときは、安全運転管理者等又は車両管理者等にその旨を申し出なければならない。

(運行上の注意点)

第21条 運転者は、安全運転管理者等又は車両管理者等の指示のもとに運行を行わなければならない。

(仕業点検)

第22条 運転者は、運行前に必ず仕業点検を行わなければならない。

2 運転者は、前項の仕業点検により又は運行中にその運行している車両に修理が必要であると認めたときは、直ちに車両管理者等に届け出なければならない。

(車両の清掃等)

第23条 運転者は、車両使用後の清掃、車庫への格納その他車両の使用について必要な注意を払い、これを最良の状態において維持するように努めなければならない。

(事故の発生時の措置)

第24条 運転者は、その運転する車両について、三木市車両事故処理に関する規程(昭和37年三木市訓令第3号)第2条に規定する事故が発生したときは、車両管理者に事故の概要を急報しなければならない。

2 前項に規定する事故の処理については、三木市車両事故処理に関する規程に定めるところによる。

附 則

この規則は、昭和54年4月1日から施行する。

附 則(昭和54年5月15日規則第9号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成18年3月31日規則第15号抄)

(施行期日)

1 この規則は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月31日規則第14号抄)

(施行期日)

1 この規則は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月31日規則第17号抄)

(施行期日)

1 この規則は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成26年4月1日規則第12号抄)

(施行期日)

1 この規則は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成29年4月1日規則第7号抄)

(施行期日)

1 この規則は、平成29年4月1日から施行する。

附 則(平成30年4月1日規則第11号抄)

(施行期日)

1 この規則は、平成30年4月1日から施行する。

画像

画像画像

画像

画像

三木市安全運転管理規則

昭和54年3月31日 規則第5号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第4編 行政通則/第1章 制/第1節
沿革情報
昭和54年3月31日 規則第5号
昭和54年5月15日 規則第9号
平成18年3月31日 規則第15号
平成19年3月31日 規則第14号
平成24年3月31日 規則第17号
平成26年4月1日 規則第12号
平成29年4月1日 規則第7号
平成30年4月1日 規則第11号