○三木市損害評価員設置要綱

平成17年10月24日

(設置)

第1条 三木市の区域内における農業共済の適正かつ公平な損害評価を確保し、農業政策の円滑な推進及び損害の防止を図るため、必要と認める区域に損害評価員(以下「評価員」という。)を置く。

(設置の基準)

第2条 評価員は、市長が定める区域ごとに1人を置く。ただし、市長が、特に必要と認める区域については、2人以上置くことができる。

(委嘱)

第3条 評価員は、前条の区域に住所を有する農業者のうちから市長が委嘱する。

(任期)

第4条 評価員の任期は、1年とする。ただし、再任を妨げない。

2 補欠の評価員の任期は、前任者の残任期間とする。

3 市長は、やむを得ない事由があるときは、任期中であっても解職することができる。

(職務)

第5条 評価員の職務は、次に掲げるとおりとする。

(1) 農業共済事業の普及に関すること。

(2) 農業共済事故の損害評価に関すること。

(3) 農業共済事故に係る損害の防止及び指導に関すること。

(4) その他前3号に付帯する業務を行うこと。

(報償金)

第6条 市長は、評価員に対し、毎年度予算の範囲内において、報償金を支給する。

(補則)

第7条 この要綱の施行に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この要綱は、平成17年10月24日から施行する。

三木市損害評価員設置要綱

平成17年10月24日 種別なし

(平成17年10月24日施行)

体系情報
第10編 産業・観光/第2章 業/第1節
沿革情報
平成17年10月24日 種別なし