○三木市山田錦生産拡大奨励金交付要綱

平成26年4月1日

(目的)

第1条 この要綱は、三木市の特産である酒造好適米「山田錦」の生産者に奨励金を交付することにより、「山田錦」の生産意欲の向上及び生産拡大を図り、農業経営の安定に寄与することを目的とする。

(定義)

第2条 この要綱において「認定方針作成者」とは、主要食糧の需給及び価格の安定に関する法律(平成6年法律第113号)第5条第1項の規定に基づき農林水産大臣の認定を受けた生産調整方針を作成した生産出荷団体等をいう。

(交付対象者)

第3条 この要綱による奨励金の交付の対象となるもの(以下「奨励金交付対象者」という。)は、経営所得安定対策実施要綱(平成23年4月1日付け22経営第7133号農林水産事務次官依命通知)に規定する米の直接支払交付金の交付対象者で、次の各号に掲げる要件のすべてに該当するものとする。

(1) 奨励金の交付年度において、需要に応じた米生産の推進に関する要領(平成26年4月1日付け25生産第3578号農林水産省生産局長通知。以下「推進要領」という。)第3の2に規定する新規需要米のうち、「山田錦」の生産及び出荷を行っていること。

(2) 奨励金の交付年度の6月30日までに三木市農業活性化協議会に営農計画書を提出していること。

(交付対象面積)

第4条 奨励金の交付の対象となる面積(以下「交付対象面積」という。)は、奨励金の交付年度において、認定方針作成者が推進要領別紙4の第6の2(1)の規定に基づき三木市農業活性化協議会に報告を行った新規需要米生産集出荷数量のうち、当該奨励金交付対象者に係る「山田錦」の生産面積(面積の単位はaとし、1a未満の端数があるときは、これを切り捨てる。)とする。

(奨励金の額)

第5条 奨励金の額は、予算の範囲内において、交付対象面積に750円を乗じて得た額とする。

(交付申請)

第6条 この要綱による奨励金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、三木市山田錦生産拡大奨励金交付申請書(様式第1号。以下「申請書」という。)を市長に提出しなければならない。

(交付決定)

第7条 市長は、申請書を受理した場合において、その内容を審査し、適当と認めたときは、奨励金の交付を決定し、三木市山田錦生産拡大奨励金交付決定通知書(様式第2号)により申請者に通知する。

(奨励金の交付)

第8条 前条の規定により奨励金の交付決定を受けた者(以下「奨励金受給者」という。)は、奨励金の交付を受けようとするときは、三木市山田錦生産拡大奨励金請求書(様式第3号。以下「請求書」という。)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、請求書を受理したときは、速やかに奨励金を交付する。

(交付決定の取消し等)

第9条 市長は、奨励金受給者が偽りその他不正な手段により奨励金の交付を受けたと認めるときは、奨励金の交付決定の全部又は一部を取り消すものとする。

2 市長は、前項の規定により奨励金の交付決定を取り消した場合において、当該取り消した部分に関し、既に奨励金が交付されているときは、期限を定めて、当該奨励金を返還させるものとする。

(その他)

第10条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成26年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

三木市山田錦生産拡大奨励金交付要綱

平成26年4月1日 種別なし

(平成26年4月1日施行)