○三木市グループホーム新規開設サポート事業補助金交付要綱

平成28年10月31日

(趣旨)

第1条 この要綱は、障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成17年法律第123号)第5条第15項に規定する共同生活援助を行う住居(以下「グループホーム」という。)の新規開設を促進し、障害者の地域移行の推進を図るため、グループホームの開設時に必要な備品購入費及び住居の借り上げ等に要する初期経費の一部を補助することに関し、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において「グループホームの開設」とは、1以上の住居により構成され、かつ、定員4人以上のグループホームとして、新たに共同生活援助事業所の指定を受けること(既存の共同生活援助事業所と一体的に運営される事業所として指定を受ける場合を含む。)をいう。

(補助対象者)

第3条 この要綱による補助金(以下「補助金」という。)の交付を受けることができる者は、市内でグループホームの開設を行う法人とする。

2 前項の規定にかかわらず、過去に補助金の交付を受けた者は、当該補助金の交付の対象となったグループホームについて補助金の交付を受けることができないものとする。

(補助対象経費)

第4条 補助金の交付の対象となる経費(以下「対象経費」という。)は、次に掲げる経費とする。

(1) 備品購入費(グループホームの開設の前後2月以内に、グループホームの利用者が共同で使用する備品(利用者が居室で個人的に使用する物品は除く。)を購入する費用(通常要する取付設置費を含む。)をいう。以下同じ。)

(2) 住居の借り上げ等に要する初期経費(住居の借り上げに伴う敷金、礼金及び仲介手数料(賃貸借期間の終了に伴い、返還されるものを除く。)をいう。以下同じ。)

(補助金の額等)

第5条 前条第1号に規定する対象経費に対する補助金の額は、1グループホームにつき27万円と対象経費の実支出額とを比較していずれか少ない方の額に対し、3分の2を乗じて得た額(その額に千円未満の端数があるときは、これを切り捨てた額)とする。

2 前条第2号に規定する対象経費に対する補助金の額は、1グループホームにつき7万円にグループホームの定員数を乗じて得た額と対象経費の実支出額とを比較していずれか少ない方の額に対し、3分の2を乗じて得た額(その額に千円未満の端数があるときは、これを切り捨てた額)とする。

3 補助金の交付は、一のグループホームにつき1回限りとする。

(事前協議)

第6条 補助金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、あらかじめ市長が指定する期日までに三木市グループホーム新規開設サポート事業事前協議書(様式第1号)に必要書類を添えて、市長に提出しなければならない。

(補助金の額の内示)

第7条 市長は、前条の規定による事前協議書を受理したときは、内容を審査し、補助金を交付することが適当と認めたときは、補助金の額の内示を行い、三木市グループホーム新規開設サポート事業補助金内示通知書(様式第2号)により当該申請者に通知するものとする。

(交付申請)

第8条 申請者は、前条の規定による通知を受けたときは、三木市グループホーム新規開設サポート事業補助金交付申請書(様式第3号)に次に掲げる書類を添えて、市長に提出するものとする。

(1) 三木市グループホーム新規開設サポート事業実施計画書(別記1)

(2) 収支予算書(別記2)

(3) その他市長が特に必要と認める書類

(交付決定)

第9条 市長は、前条の規定による申請があった場合において、その内容を審査し、補助金の交付決定(以下「交付決定」という。)をした場合は、三木市グループホーム新規開設サポート事業補助金交付決定通知書(様式第4号)を、却下することを決定した場合は、三木市グループホーム新規開設サポート事業補助金交付申請却下通知書(様式第5号)を、当該申請者に交付するものとする。

2 市長は、交付決定を行う場合において、補助金の交付の目的を達成するため、必要があるときは、条件を付するものとする。

(実績報告)

第10条 交付決定を受けた者(以下「補助事業者」という。)は、交付決定の対象となった事業(以下「補助事業」という。)が完了したときは、速やかに三木市グループホーム新規開設サポート事業補助金実績報告書(様式第6号)に次に掲げる書類を添えて、市長に提出しなければならない。

(1) 三木市グループホーム新規開設サポート事業実績内訳書(別記3)

(2) 収支決算書(別記4)

(3) 対象経費に係る領収書の写し

(4) その他市長が特に必要と認める書類

(額の確定)

第11条 市長は、前条の規定による実績報告があった場合において、当該報告に係る書類の審査及び必要に応じて現地調査等を行い、交付決定の内容及びこれに付した条件に適合すると認めたときは、補助金の額を確定し、三木市グループホーム新規開設サポート事業補助金額確定通知書(様式第7号)により当該補助事業者に通知するものとする。

(請求等)

第12条 補助事業者は、前条の規定による額の確定後、補助金の交付を受けようとするときは、三木市グループホーム新規開設サポート事業補助金請求書(様式第8号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の規定による請求があったときは、補助金を交付する。

(交付決定の取消し等)

第13条 市長は、補助金の交付決定を受けた者が次の各号のいずれかに該当するときは、交付決定の全部又は一部を取り消し、既に交付している三木市グループホーム新規開設サポート事業補助金の全部又は一部の返還を命ずることができる。

(1) この要綱の規定に違反したとき。

(2) 偽りその他不正な手段により補助金の交付を受けたとき。

(帳簿の備付け)

第14条 補助事業者は、補助事業に係る収入及び支出の状況を明らかにした帳簿を備え、収入及び支出について証拠書類を整理し、当該補助事業が完了した年度の翌年度から5年間保存しなければならない。

(調査等)

第15条 市長は、必要があると認めたときは、補助事業者に対し、補助金の執行状況等について必要な書類、帳簿等を調査し、又は報告を求めることができる。

(補則)

第16条 この要綱に定めるもののほか、補助金の交付に関して必要な事項については、兵庫県グループホーム新規開設サポート事業実施要綱の例によるものとし、その他必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、平成28年11月1日から施行する。

(グループホーム等開設促進事業補助金交付要綱の廃止)

2 グループホーム等開設促進事業補助金交付要綱(平成17年4月1日制定)は、廃止する。

画像

画像

画像画像画像

画像

画像

画像画像画像

画像

画像

三木市グループホーム新規開設サポート事業補助金交付要綱

平成28年10月31日 種別なし

(平成28年11月1日施行)