○三木市古紙自主回収活動奨励補助金交付要綱

平成22年6月30日

(目的)

第1条 この要綱は、新聞、雑誌、ダンボールその他紙類(以下「古紙」という。)の回収を自主的に継続して実施する自治会に対し、三木市古紙自主回収活動奨励補助金(以下「補助金」という。)を交付することにより、資源ごみの集団回収を促進するとともに、資源ごみのリサイクル意識の向上を図ることを目的とする。

(補助対象者)

第2条 補助金の交付を受けることができる自治会(以下「対象者」という。)は、次の各号に掲げる要件のいずれにも該当するものとする。

(1) 当該自治会を形成するすべての地域(以下「対象地域」という。)において、対象地域の住民の総意に基づき古紙の回収を行うことにより、市が行う古紙の回収を必要としないこと。

(2) 回収した古紙のすべてを回収業者に渡し、その資源化を行うこと。

(3) 古紙の回収を1月に1回以上実施し、これを1年以上継続できること。

(補助金の額)

第3条 補助金の額は、対象地域内のごみステーション(三木市ごみステーションの設置及び管理に関する指導要綱(平成7年9月19日制定)の規定により承認を受けたごみステーションをいう。)1箇所当たり1年度につき1万円とする。

2 前項の規定にかかわらず、1年度における古紙の回収の実施月数が12に満たない場合における補助金の額は、1万円を当該実施月数で除した金額とし、100円未満の端数があるときはこれを切り捨てるものとする。

(事前申出)

第4条 補助金の交付を受けようとする対象者(以下「申請者」という。)は、あらかじめ古紙自主回収活動申出書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

(交付申請)

第5条 申請者は、前条の規定による申出をした後、古紙自主回収活動奨励補助金交付申請書(様式第2号)を市長に提出しなければならない。

(交付決定)

第6条 市長は、前条の規定による申請があった場合において、内容を審査し、適当と認めたときは、補助金の交付を決定し、古紙自主回収活動奨励補助金交付決定通知書(様式第3号)により当該申請者に通知する。

(事業の中止及び廃止)

第7条 前条の規定による交付決定を受けた者(以下「補助事業者」という。)は、古紙の回収を中止し、又は廃止しようとするときは、その2月前までに古紙自主回収活動中止(廃止)申出書(様式第4号)を市長に提出しなければならない。

(実施報告)

第8条 補助事業者は、各年度の3月31日までに当該年度の古紙の回収の実施状況を市長に報告しなければならない。ただし、三木市資源ごみ集団回収運動奨励金交付要綱(昭和56年5月11日制定)第5条第1項の規定による申請をもって報告に代えることができる。

(補助金の請求等)

第9条 補助事業者は、前条の規定による報告をした後、補助金の交付を受けようとするときは、古紙自主回収活動奨励補助金請求書(様式第5号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の規定による請求があったときは、補助金を交付する。ただし、市長は、必要があると認めたときは、概算払いをすることができる。

(決定の取消し又は返還)

第10条 市長は、補助事業者が偽りその他不正な手段により補助金の交付を受けたと認めたときは、交付決定を取り消し、古紙自主回収活動奨励補助金交付決定取消通知書(様式第6号)により当該補助事業者に通知する。

2 市長は、前項の規定により補助金の交付を取り消した場合において、既に補助金が交付されているときは、期限を定めて補助金の全部又は一部を返還させることができる。

(補則)

第11条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成22年7月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

三木市古紙自主回収活動奨励補助金交付要綱

平成22年6月30日 種別なし

(平成22年7月1日施行)