ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

市消防職員の新型コロナウイルス感染症患者の発生について(4月26日)

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2021年4月26日更新
<外部リンク>

 市消防職員の新型コロナウイルス感染症の患者の発生について(4月26日)

令和3年4月26日、三木市消防職員において、新型コロナウイルス感染症の陽性反応が確認されました。三木市消防職員に濃厚接触者はおらず、職場の消毒を行い業務の継続を行っています。

当該職員の状況

(1)年代・性別  50歳代・男性

(2)居 住 地  市内

(3)経   過

4月23日(金)業務終了後に帰宅し21時ごろ、喉の痛みと咳が出現。

24日(土)正午ごろ、発熱37.5度

25日(日)9時50分職場に連絡。10時30分ごろ、市内病院を受診。体温は36.4度。

26日(月)PCR検査を実施。結果、陽性を確認。

 (4)行   動  日ごろから業務中は手洗い、手指消毒を施行し、マスクを着用、卓上にはアクリル板を設置している。

濃厚接触者等

  加東健康福祉事務所の調査では、家族以外の濃厚接触者はなし。

職場等の対応

(1) 26日(月曜日)陽性判明後、消防庁舎への来庁者の出入りを制限した。

(2)26日(月曜日)接触のあった職員のPcr検査を実施し、全員陰性が確認された。

 

・記者発表資料(4月26日)

市消防職員の新型コロナウイルス感染者の発生について [PDFファイル/157KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

令和4年