ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナワクチン接種

新型コロナワクチン接種について

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2024年2月21日更新
<外部リンク>

令和6年4月以降の「新型コロナワクチン接種」について

 令和6年4月1日以降における新型コロナワクチン接種は、予防接種法上の特例臨時接種から季節性インフルエンザと同様のB類疾病の定期接種に位置付けられ、接種については「有料」となります。※今までの様な制度上の公費負担がなくなります。
 4月以降の新型コロナワクチン接種について、以下のとおり国から示された現時点での情報をお知らせします。※今後変更となる場合があります。
 また、今後国が示されていく詳しい情報について、分かりしだい順次お知らせします。

【令和5年秋開始接種と令和6年4月以降の接種(比較)】 
  令和6年3月31日まで
(現行の接種機会:令和5年秋開始接種)
令和6年4月1日以降(予定)
※現時点での情報

接種の分類

特例臨時接種 B類疾病の定期接種
(季節性インフルエンザと同様)
目的 重症化予防のため 重症化予防のため
対象者 生後6か月以上の方

(1)65歳以上の方

(2)60~64歳で重症化リスクが高い方
 〈※1〉範囲は季節性インフルエンザの定期接種と同様

★上記対象者(1)(2)に該当しない方の接種など定期接種以外
 で接種を希望する場合は任意接種として、時期を問わず
 全額自費での接種が可能です。

接種時期
接種回数

令和5年9月20日~令和6年3月31日の期間中に
1回

秋冬の期間に実施予定
年 1回

接種費用 自己負担なし 原則、自己負担あり
※詳細が決定しだいお知らせします。
対象者の努力義務の有無

[あり]
ただし、65歳未満の者(心臓等に慢性機能障害を
有する者等を除く)に対しは、 [なし]

[なし]

 

接種の場所

原則、住所地内であるが、住所地外での接種も可 原則として住所地内
使用するワクチン ファイザー社、モデルナ社、武田社、第一三共社 未定
予防接種済証 予防接種を受けた者  交付
 
・定期接種を受けた者  交付
・任意接種を受けた者  交付なし
予防接種証明書 新型コロナワクチンの特例臨時接種を受けた者から
の求めに応じ交付

・令和6年3月31日までの接種記録については、市が発行
・令和6年3月31日で接種証明アプリとコンビニ交付は停止
 する予定
・令和6年4月1日以降に接種した分の証明書は発行しない

※1 60~64歳で、心臓、腎臓・呼吸器の機能に異常があり、身の回りの生活が極度に制限される方、
   ヒト免疫不全ウイルス(HPV)による免疫の機能に障害があり、日常生活がほとんど不可能な方

 

【厚生労働省ページ参考資料】
   新型コロナワクチンの全額公費接種の終了について<外部リンク> 
   令和6年(2024年)4月以降の新型コロナワクチンの接種は有料となるのですか?<外部リンク>
​   令和6年(2024年)3月31日までに新型コロナワクチンの初期接種を完了できない場合はどうなりますか?<外部リンク>

※これらの情報は現時点におけるものであり、今後、国が方針変更する場合があります。

目次

・ここでは、三木市の新型コロナウイルスワクチン接種に関する情報を掲載しています。
・ワクチン接種は強制ではありません。感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解し、本人もしくはその保護者の意思に基づいて接種を判断してください。
・掲載している内容は更新日時点のものであり、国や県の動向、ワクチンの供給状況等により変更される場合があります。

ワクチン接種

現行の接種機会(令和5年秋開始接種、初回接種)は、令和6年3月31日をもってすべて終了します。

接種を希望される方は、お近くの医療機関でご予約ください。
以下の情報は、今後、国の方針等により、内容が変更される場合があります。

12歳以上の方

接種間隔

・初回接種(1、2回目)・・・1回目接種から3週間経過後に接種可能
 ※初回で異なるワクチンを接種することとなる場合、9月19日以前に従来型ワクチン又はオミクロン株対応2価ワクチンによって1回目の接種を受けた場合でも、2回目の接種を9月20日以降に受ける場合はオミクロン株XBB1.5対応1価ワクチンを接種することになります。この場合は、交互接種に該当することになり、2回目の接種を受ける場合の接種間隔は前回の接種から4週間となります。

・追加接種(3回目以降)・・・最終接種日から3か月経過後に接種可能

実施期間

令和5年9月20日から  ※令和6年3月31日をもって終了します。

使用ワクチン

ファイザー社製オミクロン株XBB1.5対応1価ワクチン:対象年齢12歳以上

ワクチンの説明書はこちらからご確認ください。
新型コロナワクチン(12歳以上)追加接種についての説明書(ファイザー_XBB)
新型コロナワクチン(12歳以上)初回接種についての説明書(ファイザー_XBB)
※情報は更新される場合があります。

費用

無料

接種券

初回接種(1、2回目)の方で小児用(5~11歳)の接種券をお持ちの場合は、「小児用」を二重線で消してご使用ください。
初回接種(1、2回目)が無い方は、再発行の申請が必要です。
追加接種(3回目以降)の方は、浅黄色の接種券で発送します。

また、他市から転入された方、接種券を紛失された方は再発行の申請が必要です。

 接種券発行申請はこちらから確認してください。

接種医療機関

市内医療機関(公表分のみ)

各医療機関での個別接種ではファイザー社製ワクチンを使用します。
上記以外にも接種可能な医療機関がありますので、まずはかかりつけ医に問い合わせてください。

5~11歳の方

市では、医師会と接種体制を構築し、5~11歳の児童へのワクチン接種を実施しています。

小児用(5~11歳)の接種券を使用します。接種希望者は接種券が届いてから医療機関に直接予約してください。

接種間隔

初回接種(1,2回目)・・・1回目接種から3週間経過後に接種可能
 ※初回で異なるワクチンを接種することとなる場合、9月19日以前に従来型ワクチン又はオミクロン株対応2価ワクチンによって1回目の接種を受けた場合でも、2回目の接種を9月20日以降に受ける場合はオミクロン株XBB1.5対応1価ワクチンを接種することになります。この場合は、交互接種に該当することになり、2回目の接種を受ける場合の接種間隔は前回の接種から4週間となります。

追加接種(3回目以降)・・・最終接種日から3か月経過後に接種可能

実施期間

令和5年9月20日から  ※令和6年3月31日をもって終了します。

使用ワクチン

ファイザー社製オミクロン株XBB1.5対応1価ワクチン:対象年齢5歳~11歳(12歳以上用のファイザー社製ワクチンとは濃度や接種量が異なります)

ワクチンの説明書はこちらからご確認ください。
新型コロナワクチン(5~11歳)小児追加接種についての説明書(ファイザー_XBB)
新型コロナワクチン(5~11歳)小児初回接種についての説明書(ファイザー_XBB)
※情報は更新される場合があります。

費用

無料

接種券

対象者に対して、順次発送いたします。

未接種のまま5歳到達された方は、先に送付されてる、乳幼児用(6か月~4歳)の接種券は使用できませんので、小児用の接種券を使用してください。

他市から転入された方、接種券を紛失された方は再発行の申請が必要です。

 接種券発行申請はこちらから確認してください。

接種医療機関

市内医療機関(公表分のみ)

各医療機関での個別接種ではファイザー社製ワクチンを使用します。
上記以外にも接種可能な医療機関がありますので、まずはかかりつけ医に問い合わせてください。

 

5~11歳のワクチン接種について 詳しくはこちら

生後6か月~4歳の方

乳幼児用(生後6か月~4歳)の接種券を使用します。接種希望者は接種券が届いてから医療機関に直接予約してください。

接種間隔

初回接種(1~3回目)・・・1回目接種から3週間経過後に2回目接種が可能
                 2回目接種から8週間経過後に3回目接種が可能
 ※初回で異なるワクチンを接種することとなる場合、9月19日以前に従来型ワクチン又はオミクロン株対応2価ワクチンによって1回目又は2回目の接種を受けた場合でも、2回目又は3回目の接種を9月20日以降に受ける場合はオミクロン株XBB1.5対応1価ワクチンを接種することになります。この場合は、交互接種に該当することになり、2回目の接種を受ける場合の接種間隔は前回の接種から4週間となります。また、3回目の接種を受ける場合の接種間隔は、前回の接種から8週間です。

追加接種(4回目)・・・最終接種日から3か月経過後に接種可能

実施期間

令和5年9月20日から  ※令和6年3月31日をもって終了します。

使用ワクチン

ファイザー社製オミクロン株XBB1.5対応1価ワクチン:対象年齢生後6か月~4歳(12歳以上用のファイザー社製ワクチンとは濃度や接種量が異なります)

ワクチンの説明書はこちらからご確認ください。
新型コロナワクチン(生後6か月~4歳)乳幼児追加接種についての説明書(ファイザー_XBB)
新型コロナワクチン(生後6か月~4歳)乳幼児初回接種についての説明書(ファイザー_XBB)
※情報は更新される場合があります。

費用

無料

接種券

対象者に対して、順次発送いたします。

他市から転入された方、接種券を紛失された方は再発行の申請が必要です。

 接種券発行申請はこちらから確認してください。

接種医療機関

市内医療機関(公表分のみ)

各医療機関での個別接種ではファイザー社製ワクチンを使用します。
上記以外にも接種可能な医療機関がありますので、まずはかかりつけ医に問い合わせてください。

 

生後6か月~5歳未満のワクチン接種について 詳しくはこちら

新型コロナウイルスに感染したことのある人のワクチン接種

・新型コロナウイルスに感染した方も、獲得した免疫が時間とともに減衰し、再び感染する可能性があります。
・新型コロナワクチン接種は、自然免疫(感染により獲得される免疫)より強い免疫効果が期待できます。
・新型コロナウイルスに感染した方は、初回接種、追加接種(追加接種は2回目や3回目接種から所定の期間を経過している場合に限る。)にかかわらずワクチンを接種することができます。
・新型コロナウイルスに感染した場合のワクチン接種は、体調が回復してから接種までの間隔は3か月が目安とされていますが、回復後すぐに接種することもできます。

詳しくは、厚生労働省「新型コロナワクチンQ&A」をご覧ください。<外部リンク>

その他

新型コロナワクチンについて

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)