ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > みき子育て応援Navi > 特定不妊治療費の助成

特定不妊治療費の助成

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年8月28日更新
<外部リンク>

特定不妊治療費助成事業のご案内

(平成18年4月から)

 三木市では、体外受精及び顕微授精(特定不妊治療)を受けられたご夫婦に対し、経済的な負担の軽減を図るため、治療費助成事業を行っています。
 また、平成28年4月から助成額の上限を1回あたり15万円に増額しています。

 この制度を利用するには、兵庫県が実施している同様の助成事業を利用した後に申請してください。
 詳細については、次のリンク先のホームページをご覧ください。

兵庫県特定不妊治療費助成事業<外部リンク>

助成対象者
(すべての事項に
該当する方)
  1. 該当する治療期間及び申請日に三木市に住所を有する法律上の婚姻をしている夫婦であること
  2. 県要綱に基づく助成を受け、かつ兵庫県以外の助成を受けていないこと
  3. 国民健康保険その他の医療保険に加入していること
  4. 市税を滞納していないこと
助成額 1回あたり15万円を上限に助成。
ただし、県の1回あたりの助成額を控除した額とする。
指定医療機関 社団法人日本産婦人科学会に、体外受精、顕微授精を実施する登録施設として認められている全国の医療機関
(各健康福祉事務所で公表しています)
申請書の配布
及び受付
三木市健康福祉部健康増進課
三木市大塚1丁目6-40 三木市総合保健福祉センター
受付期間 県の決定を受けた日から起算して2か月以内

申請関係書類

  1. 三木市特定不妊治療費助成事業申請書
  2. 住民票(続柄及び本籍が記載されたもの)又は外国人登録原
    票記載事項証明書(配偶者名を確認できるもの)
  3. 兵庫県特定不妊治療費助成事業承認決定通知書の原本
  4. 指定医療機関が発行した領収書原本
  5. 健康保険証の写し(2人分)
  6. 納税証明書(市税2人分)
    ※4~7月に申請の場合は前年度の証明書
※2種類の印鑑(申請書には夫婦で別々の印鑑が必要)と振込先が確認できるもの(預金通帳等)をお持ちください。

特定不妊治療費助成事業のご案内の画像

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)