ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 地方創生の推進 > 株式会社みなと銀行と地方創生に係る連携協定を締結

株式会社みなと銀行と地方創生に係る連携協定を締結

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年3月1日更新
<外部リンク>

株式会社みなと銀行との連携協定を締結の画像

 市では、平成28年3月末に三木市創生計画を策定し、各事業を実施してきました。
 このたび、株式会社みなと銀行と包括連携協定を締結し、公民連携による新たな取組を進めます。

 

  1. 連携協定を結ぶ三木市の目的
    地域資源を活用した様々な取組を加速するため、株式会社みなと銀行と三木市が、包括連携協定を結ぶことにより、相互のノウハウやネットワークも活用することで市の活性化につなげていきます。
  2. 連携協定の概要
    (1)地場産業の活性化に関すること
    (2)まちの活性化・観光の振興・子育て・教育・市政のPRに関すること
    (3)移住・定住促進に関すること
    (4)その他、三木市及び株式会社みなと銀行が必要と認める地域の活性化及び市民サービスの向上に関すること
  3. 協定内容
    『三木市と株式会社みなと銀行との包括地域連携協力に関する協定書』 [PDFファイル/56KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)