ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

弁護士によるいじめ防止出前授業を実施しました

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2018年12月10日更新
<外部リンク>

子どもいじめ防止センター

 

『弁護士によるいじめ防止出前授業』を実施しました

  • H30年6月25日(月)緑が丘中学校1年
  • H30年7月4日(水)吉川中学校1年
  • H30年9月25日(火)自由が丘中学校1年
  • H30年10月5日(金)別所中学校1・2年
  • H30年11月22日(木)志染中学校全学年

兵庫県弁護士会の協力をいただき、法律の専門家である弁護士を講師に、人権の視点から「いじめ」について、1クラスに1名の弁護士さんに50分の授業を行っていただきました。


H28年9月28日(水曜日)自由が丘中学校1年の画像

 

生徒の感想(抜粋)

  • いじめは、絶対にダメ。もし見かけたら、ちゃんと注意をしようと思う。
  • いじめは、立派な犯罪になることを知った。
  • 見ている人も場合によっては、加害者と聞いてびっくりした。
  • いじめをすると、どんな刑になるのか、よくわかった。
  • 次からは、見て見ぬふりをするのはやめようと思った。
  • いじめは自殺に追いやってしまう怖いものだと改めて思った。
  • 授業を受ける前は、いじめられてる側も悪いと思っていたけど、いじめられている側はなにも悪くないことがわかった。
  • 難しくてもいいから、もう少しいじめについて弁護士さんの話を聞きたかったです。

 弁護士さんに出会うのは初めて!テレビや映画でしか見たことない!という生徒がほとんどでした。ちょっと難しい言葉もありましたが生徒は、一生懸命聞 いていました。

「いじめ」について改めて気付く、知る、考えることができた授業でした。

今後も、希望される市内中学校で実施していく予定です。