ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

コンビニエンスストアにおける証明書の交付について

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年2月21日更新
<外部リンク>

くらしの手続き

 個人番号カード・住民基本台帳カード(住基カード)をお持ちの方は、コンビニエンスストア(セブン-イレブン・ローソン・ファミリーマート)と市役所3階市民課前に設置されている多機能端末機(マルチコピー機)で、住民票の写し・印鑑登録証明書が取得できます。
くらしの手続きの画像
使って便利&使って簡単

  1. 市役所の閉庁時(夜間、休日)でも、証明書を取得することができます。
  2. 三木市内に関わらず、市外のコンビニエンスストアで証明書を取得できます。
  3. 証明書が急に必要になった時も、出先ですぐに取得できます。
  4. 簡単な端末操作で取得できます。

利用日・利用時間

  • 毎日(12月29日~翌年1月3日、保守点検日は除く)
  • 午前6時30分~午後11時

利用できる店舗

 全国のセブンーイレブン・ローソン・ファミリーマートの店舗で利用いただけます。
※ただし、上記以外のコンビニではご利用いただけません。
利用できる店舗の画像

必要なもの

暗証番号の登録をした個人番号カード、または住民基本台帳カード

個人番号カード
必要なものの画像(1)

住民基本台帳カード
必要なものの画像(2)

取得できる証明書

  1. 住民票の写し
    • 本人及び本人と同一世帯の方の住民票の写しが取得できます。
    • 同居であっても、住民登録上、世帯分離している場合は、他の世帯の住民票の写しは取得できません。
    • 転出者、死亡者等の住民票の写しは取得できません。
    • 住民票コード記載の住民票の写しは取得できません。
  2. 印鑑登録証明書
    • 本人の印鑑登録証明書が取得できます。
    • 本人と同一世帯の方の印鑑登録証明書は取得できません。

証明書発行手数料

 1通 250円

利用方法

 多機能端末機(マルチコピー機)のメインメニューから「行政サービス」を選び、画面の案内に従ってください。(ご本人が個人番号カード、住基カードをかざし、暗証番号入力など端末操作、料金の支払を行います。)

※発行された証明書の取り忘れにご注意ください。
※動画による操作案内はこちら<外部リンク>
利用方法の画像

多機能端末機(マルチコピー機)利用上の注意事項

  1. 同一世帯の複数の方の住民票を請求する場合、1枚5人ずつ印刷されます。2枚以上に及ぶ場合は、ホッチキス留めはされません。
    お取り忘れのないよう十分に注意をしてください。
    証明書に記載のページ番号と固有の番号でひとつづりと判断できるようになっています。ひとつづりで有効な証明書となりますので、提出時には十分にご確認、ご注意ください。
  2. 窓口で取得できる証明書とは用紙が異なります。
    • 窓口・・・・・・・・・改ざん防止用紙
    • コンビニ交付・・・・・普通紙に偽造防止処理
  3. 手数料の支払は、セブンーイレブンでは硬貨またはnanacoカード、それ以外のコンビニでは1000円札または硬貨がご利用いただけます。

セキュリティ対策

  1. 本市とコンビニエンスストアの多機能端末機(マルチコピー機)とのデータ通信は、専用回線を使い、データを暗号化しています。
  2. 証明書の改ざん防止対策
    • 証明書はA4判の普通紙ですが、コピーをすると「複写」というけん制文字が浮かび上がるよう両面に不正防止処理を施しています。
    • 証明書の裏面中央の模様(スクランブル画像)は、表面の情報を暗号化して印刷したものです。裏面全体をスキャナで読み取り、インターネット上の問い合わせサイト<外部リンク>に送ると、
      暗号を解除した画像がパソコン画面に表示されます。証明書の表面の内容と見比べて、内容が改ざんされていないか確認することができます。
    • 裏面左下の絵は、偽造防止検出画像です。赤外線カメラで潜像画像(「証」という文字)が確認でき、偽造を防止します。
  3. 情報の漏洩防止対策として、従業員を介さず本人操作のみで交付を行います。
  4. 証明書発行後、送信されたデータは自動的に消去されます。
  5. 証明書発行後、取り忘れ防止のため、音声と警告表示で注意を促します。

コンビニから交付される証明書の裏面イメージ

裏面
コンビニから交付される証明書の裏面イメージの画像