ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

年金生活者支援給付金

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2021年8月25日更新
<外部リンク>

 令和元年10月から年金生活者支援給付金制度が始まりました。

 年金生活者支援給付金は公的年金などの収入やその他の所得額が一定の基準額以下の年金受給者の生活を支援するために、年金に上乗せして支給されるものです。
 給付金の受け取りには請求書の提出が必要です。

 なお、案内や事務手続きは、日本年金機構(年金事務所)が実施します。

対象者

 次の1・2のいずれかに該当する方が対象です。

1.老齢基礎年金を受給している方(次の要件をすべて満たしている方)

  • 65歳以上である。
  • 同一世帯の全員が市民税非課税となっている。
  • 年金収入額とその他所得額の合計が約88万円以下である。

2.障害基礎年金・遺族基礎年金を受給している方

    前年所得額が約472万円以下である。

 

請求手続き

・新たに年金生活者支援給付金をお受け取りいただける方

   お受け取りの対象になる方には、日本年金機構から8月下旬ごろに請求可能な旨のお知らせが送付されます。

   同封のはがき(請求書)に記入して提出してください。

・年金をこれから受給し始める方

   年金の請求手続きとあわせて手続きをしてください(条件により対象とならない場合があります)。

詳しく知りたいときは

 詳しい内容は、下記のホームページをご覧ください。
  年金生活者支援給付金特設サイト(厚生労働省)<外部リンク>
   年金生活者支援給付金のお知らせ(日本年金機構)<外部リンク>

 また、問い合わせについては専用ダイヤルをご利用ください。
  年金生活者支援給付金専用ダイヤル:0570-05-4092

 なお、この件に関して日本年金機構や厚生労働省から口座番号を聞いたり、手数料などの金銭を求めたりすることはありません。日本年金機構や厚生労働省を装った不審な電話や案内にご注意ください。