ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

三木市ポイ捨て等の防止に関する条例

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年2月1日更新
<外部リンク>


平成20年4月1日施行


 市・市民・事業者がともに力を合わせて清潔で快適な生活環境を、実現することを目的とした「三木市ポイ捨て等の防止に関する条例」を、4月1日施行しました。
 この条例は、市民と事業者と市が協力してポイ捨て、飼い犬のふんの放置、落書きを防止することなどについて規定しています。
 ポイ捨てや飼い犬のふんの放置等は、してはいけない行為であるということを私たち一人ひとりが意識し協力し合うことで、この条例を制定したことが生きてくると考えています。

条例の主な内容

1市、市民、事業者等の役割

  • ポイ捨て等の防止に関し、啓発や指導など必要な施策を実施します。
  • 市民、事業者への啓発と活動支援します。
市民
  • 清潔で快適な生活環境づくりに努めます。
  • 市の施策に協力します。
事業者等
  • 事業活動によって市民の清潔で快適な生活環境を損なうことのないよう必要な措置を講じます。
  • 市の施策に協力します。

2 禁止区域・行為

市内全域 罰則等
  • ポイ捨ての禁止
  • 飼い犬のふんの放置禁止
  • 落書きの禁止
  • 勧告、命令
  • 罰金(5万円以下)

飼い犬を鎖(リード)等なしで散歩、移動させることの禁止

勧告、命令

3 事業者の義務

たばこ販売事業者

購入者への啓発義務

飲食物販売事業者

購入者への啓発義務

飲食物販売事業者

回収容器の設置、適正管理義務 勧告、命令

4 喫煙者の喫煙制限義務

ひとごみなど、他人に危害を与えるおそれのある場所では、喫煙しないよう努めます。ただし、公共の場所の管理者が禁煙などを定めているときは、その定めるところによります。

5 勧告、命令、罰則の適用

勧告、命令、罰則の適用は、平成20年7月1日から。

市職員がポイ捨て等を見つけた場合は、注意を呼びかけ従わない場合は勧告し、 勧告に従わない場合は、命令します。命令に従わない場合は、罰金を科します。