ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

交通死亡事故の発生状況を受けての対応について

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2022年6月1日更新
<外部リンク>

令和3年中における交通事故による死亡者は0人でしたが、令和4年に入ってすでに2人の方が亡くなられているため、次のように死亡事故抑止対策を実施します。

死亡事故抑止対策の内容

(1)広報事業

 ア 「広報みき」6月号に啓発記事を掲載。(リンクはこちら

 イ FMみっきぃでスポット放送。

 ウ 週2回の生活安全パトロールでスピーカー放送。

生活安全パトロールスピーカー放送 [PDFファイル/67KB]

(2)高齢者への安全啓発

 生活安全指導員が実施する生活安全教室において、上記事故の概要と防止に向けた高齢者の注意事項を啓発します。

皆様に注意していただきたいこと

〇夕暮れ時や夜間の交通事故を防止するため、反射材用品を着用しましょう。

〇歩行者のそばを通過するときは、スピードを控え、安全な間隔を保持するなど、相手を思いやった運転を心がけましょう。

○高齢運転者は、高齢運転者標識を表示し、安全運転に努めましょう。

〇例年、16時から18時の時間帯に交通事故が多発しています。夕暮れ時や早朝、夜間は歩行者や自転車が見えにくくなります。交通事故防止のため、日没30分前にはヘッドライト(前照灯)を点灯しましょう。

 

  横断歩道合図運動  一瞬の油断が命取り!  「大丈夫」って思っているのは、あなただけ!

兵庫県警広報啓発ポスター<外部リンク>

 

関連リンク

兵庫県三木警察署 ホームページ<外部リンク>

兵庫県警察 ホームページ<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)