ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

日中一時支援事業

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年9月17日更新
<外部リンク>

日中一時支援事業とは?

 家庭で障がいのある方(児・者)を介護している方などが、病気などで一時的に介護できなくなった時やレスパイトの
 ために、短時間施設で介護を受ける制度です。宿泊を伴いません。

利用対象者

 障がいのある方(児・者)で障害支援区分認定を受けておられる方。

利用に必要なもの

 居宅生活支援事業受給者証が必要となります。

自己負担

 原則利用したサービス費の1割負担(ただし、本人もしくはその配偶者の市民税課税状況により変わります。)

 その他施設により実費負担がかかる場合があります。

その他

 施設によって利用できる人数が限られていますので、必要になったときは、担当の相談支援事業所・相談支援専門員や
 市役所障害福祉課へご相談ください。