ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

令和3年11月から「障害者総合支援法」の対象となる疾病が追加されました

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2021年11月1日更新
<外部リンク>

令和3年11月1日から「障害者総合支援法」の対象となる疾病が追加されました。

そのため、「障害福祉サービス等※1」の対象となる疾病が、361から366へ拡大しました。

対象となる方は、障害者手帳※2をお持ちでなくても、必要と認められた支援が受けられる場合があります。

※1 障害福祉サービス・相談支援・補装具及び地域生活支援事業(障害児の場合は、障害児通所支援と障害児入所支援も含む)
※2 身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳

追加対象となった疾病

  ・家族性低βリポタンパク血症1(ホモ接合体)

  ・自己免疫性後天性凝固第X因子欠乏症(※)

  ・進行性家族性肝内胆汁うっ滞症

  ・ネフロン癆

  ・脳クレアチン欠乏症候群

  ・ホモシスチン尿症

  ※自己免疫性後天性凝固第X因子欠乏症は、障害者者総合支援法の

   対象疾病(自己免疫性後天性凝固因子欠乏症)に統合

●すべての対象疾患一覧

  令和3年11月 福祉サービス対象疾病一覧 [PDFファイル/400KB]

 

 厚生労働省ホームページ

  https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/hani/index.html<外部リンク>

手続き

  • 対象疾病に罹患していることがわかる証明書(診断書など)をお持ちのうえ、障害福祉課に障害福祉サービス等の利用を申請してください。
  • 障害支援区分の認定や支給決定などの手続き後、必要と認められたサービスを利用できます。(訓練系・就労系サービス等は障害支援区分の認定を受ける必要はありません) 
  • くわしい手続き方法については、障害福祉課にお問い合わせください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)