ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 新型コロナウイルス感染症に関連したお知らせ > 日常生活で気を付けること(新型コロナウイルス感染症)
> 健康増進課 > 日常生活で気を付けること(新型コロナウイルス感染症) > 健康増進課 > 日常生活で気を付けること(新型コロナウイルス感染症)

日常生活で気を付けること(新型コロナウイルス感染症)

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2021年10月12日更新
<外部リンク>
 

更新情報

「ゼロ密を目指そう!」を更新しました(2021年10月12日更新)

「食料品や日用品を普段から備蓄しましょう」を更新しました(2021年10月7日更新)

「熱中症に気をつけましょう」を更新しました(2021年8月19日更新)

ワクチンを受けた後も感染予防対策の継続をお願いします

ワクチンを受けられた方は、新型コロナウイルス感染症の発症を予防できると期待されていますが、他の方への感染をどの程度予防できるかはまだ十分にはわかっていません。また、すべての方が予防接種を受けられるわけではなく、ワクチンを受けた方も受けていない方も、ともに社会生活を営んでいくことになります。

引き続きみなさまには感染予防対策を継続していただくようお願いいたします。

日常生活で気を付けること

マスクをつけましょう

 会話の際にはいつでもマスクをつけて、会食の際は「静かなマスク会食」を心がけましょう。

いつでもマスク!(厚生労働省) [PDFファイル/557KB]

冬のコロナ対策へのご協力をお願いします!(厚生労働省) [PDFファイル/893KB]

不要不急の外出を控えましょう

誰もが感染するリスク、誰でも感染させるリスクがあります。
新型コロナウイルス感染症から、あなたと身近な人の命を守れるよう、日常生活を見直してみましょう。
生活維持に必要な外出(食料品・生活用品の買い物や通院、散歩など)以外は控えるようにしましょう。

   人との接触を8割減らす、10のポイント(厚生労働省) [PDFファイル/862KB]

感染しやすい環境を避けましょう

 「換気の悪い密閉空間」
「人が密集している」
「近距離での会話や発声が行われる」

 このような条件が重なった「3つの密」をできるだけ避けて、感染リスクを下げる
 ことを徹底しましょう。

   3つの密を避けましょう(厚生労働省) [PDFファイル/1.17MB]

   3つの密を避けるための手引き(厚生労働省) [PDFファイル/1.24MB]

   新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために(厚生労働省) [PDFファイル/557KB]

   ゼロ密を目指そう!(厚生労働省) [PDFファイル/861KB]

こまめな手洗いを徹底しましょう

 まずは手洗いが大切です。
ドアノブや電車のつり革など様々のものに触れることにより、自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前などこまめに手を洗いましょう。

手洗い(厚生労働省) [PDFファイル/624KB]

 

咳エチケットを心がけましょう

 咳やくしゃみがでるときは、飛沫にウイルスを含んでいるかもしれません。咳エチケットを心がけましょう。

・マスクを着用する
・マスクがない時は、ティッシュ・ハンカチで口・鼻を覆う
・とっさの時は、袖で口・鼻を覆う

咳エチケット(厚生労働省) [PDFファイル/649KB]

マスクの正しい着け方(政府インターネットテレビ)<外部リンク>

ハンカチマスクの作り方 [PDFファイル/195KB]

換気をしましょう

 「部屋が広ければ大丈夫」、「狭い部屋は危険」というものではありません。こまめに換気をすることが大切です。

・風の流れができるよう、2方向の窓を数分間、全開にしましょう。
・換気する回数は、1時間に2回以上行いましょう。
・窓が1つしかない場合でも、入口のドアを開けて、空気が流れるようにしましょう。

手で顔を触らないようにしましょう

 ウイルスが付着している部分に触り、その手で口や鼻や目に触れたり、調理や食事をすることで感染します。
接触感染を防ぐために、普段からできるだけ顔を触らないように心がけましょう。

身の回りを清潔にしましょう

ドアノブや照明等のスイッチ、テーブルや電話など、頻繁に触れる物は定期的に消毒するようにしましょう。

           

「消毒用アルコールがない場合の消毒・除菌について」 (2020年7月30日更新)

新型コロナウイルス対策 消毒方法 [PDFファイル/1.2MB]

熱中症に気をつけましょう

熱中症に気をつけましょう

禁煙しましょう

禁煙しましょう

毎日体温測定を行いましょう

 体調のささいな変化にも気付けるように、毎日体温を測りましょう。

体温記録表 [PDFファイル/196KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)