ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

みっきぃ子午線フェスタ2024「子午線講演会」開催

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2024年6月10日更新
<外部リンク>

みっきぃ子午線フェスタ2024「子午線講演会」を開催します!!

子午線文化研究家 吉野博士による講演会

開催日 : 7月13日(土曜日) 10時開場/10時30分開演

 演題 「三木市 子午線の歴史をひもとく」   

 ■ 会場 : みき歴史資料館(三木市上の丸町4-5)

 ■ 料金 : 無料

 ■ 予約 : 不要

 ■ 内容

 東経135度日本標準時子午線が通るまちと言えば明石市が有名ですが、現在の三木市には明石市の4倍の長さの東経135度子午線が通っています。

 三木の先人たちはわがまちの地方時が日本の標準時になったことを知り、古くは美嚢郡の時代から子午線が通過していることを示す標識を建ててきました。

 明治から令和まで、三木市の子午線にまつわる歴史を時系列で紹介します。

 

みっきぃ子午線フェスタ2024「子午線講演会」

 

みっきぃ子午線フェスタ2024「子午線講演会」 [PDFファイル/225KB]

 

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)