ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

令和元年度甲種防火管理【新規】講習を開催します

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年6月17日更新
<外部リンク>

1.防火管理者とは

 

防火管理者とは、多数の人が利用する建物などの「火災による被害」を防止するため、防火管理に係る消防計画を作成し、防火管理上必要な業務(防火管理業務)を計画的に行う責任者をいいます。

消防法では、遊戯場、店舗、病院、学校、工場及び事業所等の建物の所有者又は管理者等は、政令で定める資格を有する者のうちから防火管理者を定め、法令に従い防火管理を行うことが義務付けられています。

三木市消防本部では、防火管理者の資格を取得していただくために、甲種防火管理新規講習(年1回)を開催しております。

2.防火管理が必要な防火対象物

 

防火管理者を選任しなければならない対象物は、その防火対象物に出入りし、勤務し、又は居住する者の数(収容人員)によって決まります。

防火管理が必要な防火対象物 [PDFファイル/129KB]

3.防火対象物と資格区分

 

防火管理者が必要な防火対象物は、用途や規模により、甲種防火対象物と乙種防火対象物に分けられます。甲種防火対象物には甲種防火管理新規講習の課程を修了した者等(以下「甲種防火管理者」)が、乙種防火対象物には乙種防火管理新規講習の課程を修了した者(以下「乙種防火管理者」)が防火管理者になることができます。
甲種防火管理者は、全ての防火管理者となることができますが、乙種防火管理者は、小規模な防火対象物の防火管理者にしかなることができません。
防火対象物と防火管理者の資格区分は、下表のとおりです。

区分 甲種防火対象物 乙種防火対象物
用途 特定防火対象物 非特定防火対象物

特定防火対象物
※(6)項ロ、(16)項イに(6)項ロが存するものを除く

非特定防火対象物
(6)項ロ、(16)項イに(6)項ロが存するもの 左記以外
防火対象物の
延べ面積
全て 300平方メートル以上 500平方メートル以上 300平方メートル未満

500平方メートル未満

防火対象物全体の収容人数 10人以上 30人以上 50人以上 30人以上 50人以上
選任の資格 甲種防火管理者 甲種又は乙種防火管理者

4.講習日程

区分 実施日 実施場所 定員 受付期間 受付場所
甲種 令和元年8月21日㈬
令和元年8月22日㈭
三木市消防本部
三木市福井1933番15
60名 令和元年7月22日㈪

令和元年8月2日㈮
三木市消防本部
予防課

受講手続注意点

受講・申込に際しての注意点は、「甲種防火管理新規講習案内」をご覧ください。

ご不明な点は、三木市消防本部予防課までお問い合わせください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)