ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

(福泉修正済み)三木歴史・美術の杜構想を策定

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年2月1日更新
<外部リンク>

三木歴史・美術の杜構想を策定
~歴史・文化遺産を保存・継承し、その魅力を活かしたまちづくり~

三木城址及び付城跡群を市民の貴重な財産として保護するとともに、城下町も含めそのエリアを、ひとつの大きな博物館(フィールドミュージアム)に見たて、歴史の継承、市民の憩いの場を創出、まちの活性化に取り組むことを通して、まちの魅力を全国に伝え、市民の夢を育み、誇りとなるような三木のまちづくりを進めることを目的とした「三木歴史・美術の杜構想」を策定しました。
 なお、構想策定にあたり実施したパブリックコメント及び市内全10地区別説明会の概要及び教育委員会の考え方については、次のとおりです。

(1)三木歴史・美術の杜構想・・・[PDFファイル/5.41MB]

(2)パブリックコメント

1.意見の募集期間
 平成24年3月5日(月曜日)から平成24年4月3日(火曜日)まで
2.意見等の提出件数
 8人
3.意見等の概要及び教育委員会の考え方
 35件・・・[PDFファイル/253KB]

(3)地区別説明会
1.説明期間
 平成24年5月11日(金曜日)から平成24年6月10日(日曜日)まで
2.参加者数
 10地区259人
3.意見等の概要及び教育委員会の考え方
 114件・・・[PDFファイル/357KB]

 (4)構想(案)の修正内容

現行 修正後
6   三木市らしさ…先人から受け継いできた三木独自の文化や歴史、また、今後新たに創出される三木独自の文化や歴史
8 三木城址を市民に親しまれ、・・・ 三木城址を市民に親しまれ、・・・
8 (1)(仮称)「三木歴史資料館」・・・ (1)(仮称)「三木歴史資料館」を整備し、三木合戦はもとより、金物の歴史や古代から近世にわたる三木の歴史・文化を紹介、展示
8 (4)おみやげ茶屋を設置し、・・・ (4)→(5)城下まちゾーンにおみやげ茶屋を設置し、・・・
(5)→(4)
10 (3)高台に立地する眺望を活用し、市内や対面する付城が一望できるようにします。 (3)高台に立地する眺望を活用し、市内や対面する付城が一望できるようにします。また、パノラマ写真表示板を設置し、付城跡をわかりやすく表示します。
11   (4)秀吉本陣跡を史跡公園として整備し、三木城址が望めるように立木の伐採を行っていきます。
13   ※民有地買収費については、確定していないため、概算総事業費には含まれていません。

(5)お問合せ先

三木市教育委員会 教育総務部
文化・スポーツ課 文化遺産係(みき歴史資料館)

〒673-0492 三木市上の丸町4-5
Tel: 0794-82-5060
Fax: 0794-82-5068
電子メール: miki_history_museum@city.miki.lg.jp