ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

新型コロナウイルスの影響に伴う国民年金関連の手続きについて

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2020年5月5日更新
<外部リンク>

国民年金被保険者の方へ

 令和2年5月から、新型コロナウイルスの影響により国民年金保険料の納付が困難となった場合の、臨時による特例免除申請の受付手続きが開始されます。

対象となる方

 臨時特例による国民年金保険料の免除・猶予及び学生納付特例申請は、以下の2点をいずれも満たした方が対象となります。

  1. 令和2年2月以降に、新型コロナウイルスの影響により収入が減少したこと
  2. 令和2年2月以降の所得等の状況から見て、当年中の所得の見込が、現行の国民年金保険料の免除等に該当する水準になることが見込まれること

対象期間

 令和2年2月分以降の国民年金保険料が対象となります。

  • 学生以外の場合
    令和2年2月分から6月分まで(※令和2年7月分以降は、改めて申請が必要です。)
     
  • 学生の場合
    令和元年度分として、令和2年2月分から令和2年3月分まで
    令和2年度分として、令和2年4月分から令和3年3月分まで

申請方法

 市役所市民課年金係または吉川支所市民生活課で手続きができます。

 ※新型コロナウイルスの感染防止の観点から、郵送での申請を是非ご活用ください。
 
申請に必要な申請書等は、下記問い合わせ先までご請求いただくか、日本年金機構のホームページ<外部リンク>からダウンロードすることもできます。

必要書類

  • 学生以外の場合
    国民年金保険料免除・納付猶予申請書
    所得の申立書(保険料免除・納付猶予申請用)
     
  • 学生の場合
    国民年金保険料学生納付特例申請書
    所得の申立書(学生納付特例申請用)
    学生証のコピー

    ※令和元年度分(令和2年2月~3月分)と令和2年度分(令和2年4月~令和3年3月分)を同時に申請する場合、それぞれ申請書及び申立書の提出が必要になりますのでご注意ください。

    ※新型コロナウイルスの影響により、学生証等の発行が遅延しているため、学生証等がお手元にない場合は、申請書音備考欄に「学生証発行遅延のため後日送付」と記入したうえで申請書をご提出ください。また、学生証等がお手元に届きましたら、学生証のコピーを速やかにご提出ください。

年金を受給している方へ

 届書の提出が必要な方について、提出が遅れた場合の対応や、提出期限の延長がなされています。詳しい内容は、下記(日本年金機構のホームページへ移行します)をご覧ください。

関連情報

 事業主の方向けの情報や、出張年金相談についてなど、上記以外について詳しくお知りになりたい場合は、日本年金機構のホームページ<外部リンク>をご参照ください。