ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

使用済小型家電回収

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年2月1日更新
<外部リンク>

使用済み小型家電の小型家電回収

 古くなったり、壊れた小型家電(デジカメ、CDプレイヤー等)の処分はどうされていますか?平成25年4月1日「小型家電リサイクル法」の施行に伴い、三木市では小型電子機器等リサイクルシステム構築実証事業を10月より開始しました。

 その後、引き続き拠点回収として、ご家庭で不要になった小型家電を埋立処分せず、資源の有効利用を図るため、小型家電のリサイクルにご協力ください。

小型家電回収リサイクルの「対象品目」(三木市)

デジタルカメラの画像
デジタルカメラ
ビデオカメラの画像
ビデオカメラ
CDプレイヤーの画像
CDプレイヤー
MDプレイヤーの画像
MDプレイヤー
携帯ラジオの画像
携帯ラジオ
ICレコーダーの画像
ICレコーダー
電子辞書の画像
電子辞書
電卓の画像
電卓
携帯用ゲーム機の画像
携帯用ゲーム機
据置型ゲーム機の画像
据置型ゲーム機
(入るもののみ)
携帯電話の画像
携帯電話
パソコンの画像
パソコン

小型家電リサイクルの「回収場所」(三木市)

中央公民館、三木南交流センター、

別所町公民館、志染町公民館、

細川町公民館、口吉川町公民館、

緑が丘町公民館、自由が丘公民館、

青山公民館、吉川町公民館、

三木市役所、ホームプラザナフコ三木店

小型家電リサイクルの「回収場所」(三木市)の画像

なぜ小型家電を集めてリサイクルするの?
使用済小型家電は都市鉱山です。

小型家電には、鉄、アルミ、銅、貴金属、レアメタルといった有効な金属が含まれています。日本で1年間に使用済みとなる小型家電は65万トンにもなります。そのうち有用な金属は28万トンであり、金額にして844億円分にもなります。一方で、小型家電は鉛などの有害な物質を含むものもあるため、適正な処理が必要です。しかし現在は、鉄などの一部の金属を除いて、その大半が廃棄物の埋立地に処分されています。また、違法な不良品回収業者を通じて国内外で不適正な処分が行われているものもあります。

使用済小型家電の出し方

  1. 市内12カ所に設置している回収ボックスへ、個人情報等を消去した対象品目を入れてください。
  2. 大きさは、回収ボックスの投入口(30cm×12cm)に入るものに限ります。投入口に入らない物は窓口までお持ちください。
  3. 回収対象品目以外のものは、回収ボックスへ入れないでください。
  4. 回収ボックスに投入した小型家電は、個人情報保護のため、返却できません。
  5. 電池類、CD・DVDなどの記録媒体は、入れないでください。
  6. 家電6品目(テレビ、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機、エアコン)は、 販売店・電機商業組合加盟店へ引き取りを依頼してください。