ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

生涯活躍のまち構想の推進

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年1月31日更新
<外部リンク>

生涯活躍のまち構想とは

(1) 概要

 国が定める生涯活躍のまち構想とは、東京圏をはじめとする大都市地域の中高年齢者が、希望に応じ地方や「まちなか」に移り住み、多世代の地域住民と交流しながら健康でアクティブな生活を送り、必要に応じて医療・介護を受けることができるような地域づくりを言います。

(2) 三木市の特徴

 三木市では、国の構想に加え、市内での住替え、若者、子育て世代の移住をも構想に取り入れ、多世代が共生する地域社会を創り、人口バランスを整え、持続あるまちの発展につなげます。

地域再生計画の認定

 平成28年8月30日付けで市の地域再生計画(生涯活躍のまち構想)が内閣総理大臣の認定を受けました。これにより、規制緩和や国の地方創生推進交付金を活用し、生涯活躍のまちづくりを進めます。まずは、市内で最も高齢化率が高い緑が丘において取組を進めることとし、その成果を検証しながら、他の地域にも取組を広げ、市全体の均衡ある発展につなげます。

  地域再生計画 [PDFファイル/528KB]

  地域再生計画の概要(広報みき平成28年10月号掲載ページ) [PDFファイル/2.24MB]

取組状況

2017年5月1日 広報みき5月号に「生涯活躍のまち構想」の特集記事を掲載しました [PDFファイル/286KB]
2017年4月25日 一般社団法人三木市生涯活躍のまち推進機構の緑が丘事業部を開設しました

一般社団法人三木市生涯活躍のまち推進機構のページ<外部リンク>

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)