ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

こらぼーよステーション(新たな生活応援事業)

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年2月28日更新
<外部リンク>

DV被害を受け緊急避難した方が、自宅以外で新たな生活を始めるには、少ない所持金から生活に必要なあらゆるものを購入する必要があり、経済的な負担がとても大きくなります。
そこで、男女共同参画センターでは、ご家庭に眠っている生活物資を寄贈いただき、DV被害者に提供することにより、新たな生活を始める手助けを行っています。寄贈いただいた生活物資は、DV被害者支援団体へ寄付します。

市民のみなさまのあたたかいご協力をお待ちしています。

寄贈いただきたい物

(※未使用の物に限らせていただきます。)

  • 日用雑貨・・・タオル類・石鹸類・洗剤類・マット類・時計 など
  • 台所用品・・・食器・鍋・キッチン小物 など
  • 文具類
  • その他生活に必要なもの
    ※食料品・薬は除く

寄贈いただきたい物の画像1寄贈いただきたい物の画像2寄贈いただきたい物の画像3寄贈いただきたい物の画像4寄贈いただきたい物の画像5寄贈いただきたい物の画像6寄贈いただきたい物の画像7

問合せ先・受付場所

三木市男女共同参画センター(愛称:こらぼーよ)
三木市福井1933-12 教育センター3階
Tel 0794-89-2331

三木市男女共同参画センターの地図

受付時間

月曜日~金曜日 午前9時~午後5時
(祝日・年末年始は除く)

その他

DV被害者の方の新たな生活を応援する「こらぼーよステーション」の広報には、パープルリボンをイメージし、紫色のラベンダーのイラストを使用しています。また、ラベンダーの香りにはストレスでこわばった心身をリラックスさせ、不安や緊張、イライラを和らげる作用があるそうです。ラベンダーのお花には、新たな生活を始められる方の不安が少しでも和らぎますようにという思いを込めています。

ラベンダーの画像

こらぼーよステーションのチラシ [PDFファイル/1.66MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)