ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

公的個人認証サービス

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年3月4日更新
<外部リンク>

公的個人認証サービスとは

 行政手続のオンライン化の進展に伴い、今後自宅等からインターネットにより申請・届出等の手続が広く行われるようになります。公的個人認証サービスとは、こうした電子申請・届出が行われる際に、申請者のなりすましや申請内容の改ざんなどを防ぐためのセキュリティ確保の手段として電子証明書を各市町村の窓口で提供するサービスです。
 電子証明書には2種類あります。

署名用電子証明書

e-taxの確定申告などで使用
暗証番号は6桁以上16桁以下の大文字英数字
15歳未満及び成年被後見人は発行不可

利用者証明用電子証明書

コンビニ交付、マイナポータルなどで使用
暗証番号は4桁の数字
 電子証明書の有効期限は、発行日から5回目の誕生日です。
 有効期限の3か月前から更新手続きが可能です。有効期限までに発行した新しい電子証明書の有効期限は、6回目の誕生日まで(個人番号(マイナンバー)カードの有効期限が先に到来する場合、個人番号(マイナンバー)カードの有効期限まで)です。
 署名用電子証明書は、氏名・住所・生年月日・性別に変更があった場合は、自動で失効となります。(利用者証明用電子証明書は失効しません。)

必要なもの

 個人番号(マイナンバー)カード
 *ご本人が窓口で手続きできない場合は、下記までお問い合わせください。