ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

スプレー缶・カセット式ボンベの出し方

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年2月28日更新
<外部リンク>

<注意>

 中身が残った「スプレー缶、カセット式ボンベ」等をそのままごみステーションに出すと、ごみ収集車やごみ処理施設での引火や破損事故の原因となり、大変危険です。必ず最後まで使いきり、缶を振って中身が残ってないか音で確認して、屋外等火の気のない風通しの良い場所で、ガス抜きキャップを使って中身を出し切り、穴を開けて「あらごみ」に出してください。  
 また、「スプレー缶、カセット式ボンベ」等の穴あけ処理が困難な方については、清掃センターに直接搬入してください。

エアゾール缶のガスの抜き方については、こちらをご覧ください。

ライターのガスの抜き方については、こちらをご覧ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)