ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

特別障害者手当と障害児福祉手当

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年9月9日更新
<外部リンク>

特別障害者手当・障害児福祉手当について

      在宅で暮らす重複して重度の障がいがある方等で、手当支給対象者に認定された場合に

   支給される手当です。

 特別障害者手当とは

       20歳以上の重複した重度障がいのある方等に支給されます。手帳の有無は問いません。

      なお、障害児福祉手当の対象規準とは異なります。

 障害児福祉手当とは

      20歳未満の重複した重度障がいのある方等に支給されます。手帳の有無は問いません。

      なお、特別障害者手当の対象規準とは異なります。

 支給条件

  ・障がいの状況が手当支給認定基準に該当すること。

  (支給認定期間については障がいの状況等により再認定が必要となる場合があります。

    また、再申請しても再認定されない場合もあります。)

   ・市内に住所を有すること。

  ・特別障害者手当・障害児福祉手当ともに所得制限にかからないこと。

    (ご本人や同居されている父母等の所得により支給されない場合があります。)

   ・施設に入所していないこと。(在宅で生活している。)

   ・3か月以上継続して入院していないこと。(障害児福祉手当を除く。)   

 支給月

   5月、8月、11月、2月の10日に指定口座(ご本人名義)に振込

 (ただし、支給予定日が土・日・祝日の場合は、支給日を繰り上げて支給)

  支給金額(平成31年4月~令和2年3月分)

  特別障害者手当   月額 27,200円

  障害児福祉手当   月額 14,790円

  ※支給額につきましては法律により年度ごとに変更となります。

 申請に必要な書類について

  制度申請を検討される際は事前に障害福祉課へご相談してください。

  その際に必要な書類をお渡しします。

   (1) 手当認定請求書
      (2) 手当所得状況届
  (3) 手当認定診断書
  (4) 手当口座振込依頼書

  (5) 印鑑
  (6) 障害者手帳(所持されている場合)
  (7) マイナンバーもしくはマイナンバー通知書 など

 その他

  8月に所得状況確認のため、現況届の提出が必要となります。

  また、年に2回施設入所・入院の確認のため、確認書類の提出が必要となります。

  現況届や確認書類につきましては手当受給対象者にこちらから送付させていただきます。