ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

B型肝炎ワクチン

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年7月1日更新
<外部リンク>

B型肝炎ワクチンについて

 B型肝炎ワクチンは、平成28年10月から定期接種に導入されました。

B型肝炎とは

 B型肝炎は、B型肝炎ウイルスの感染により起こる肝臓の病気です。
 B型肝炎ワクチンを接種することで、体の中にB型肝炎ウイルスへの抵抗力(免疫)ができ、一過性の肝炎を
 予防できるだけでなく、キャリア(持続感染)になることも予防できます。

  厚生労働省 リーフレット → リーフレット[PDFファイル/1.13MB]

                B型肝炎ワクチンに関するQ&A [PDFファイル/78KB]

定期接種対象者

 平成28年4月1日以降に生まれた0歳児  
 ※1歳の誕生日の前日までに接種してください。1歳を過ぎると定期接種の対象外となります。

接種回数

 計 3 回  標準的な接種期間は、生後2~9か月

接種方法

 27日(4週間)以上の間隔で2回、1回目から139日(20週)以上の間隔で1回、皮下に接種します。

費用等

 接種費用は無料です。 協力医療機関に直接予約のうえ接種してください。

  協力医療機関 → 2019協力医療機関 [PDFファイル/208KB]

注意事項

 母子感染予防のために抗Hbs人免疫グロブリンと併用してB型肝炎ワクチンの接種を受ける場合は、健康保険が適用されるため、定期接種の対象外となります。
 

 

                                 B型肝炎ワクチンの接種費用を助成の画像

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)