ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

日本脳炎予防接種

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年6月27日更新
<外部リンク>

日本脳炎ワクチン

 日本脳炎はウイルスの感染によって起こる脳や脊髄などの病気です。病気の人から直接ではなく、豚の体内で増えた日本脳炎ウイルスが蚊によって運ばれ感染します。

定期接種対象者

対象者 生後6か月~7歳6か月未満
(7歳6か月になる日の前日まで)
接種回数  4回   1期初回:2回(標準的な接種年齢3歳)
      初回追加:1回(標準的な接種年齢4歳)
      2期:1回 (標準的な接種年齢9歳)
接種方法  1期初回接種は、6日以上の間隔をおいて2回。
 1期追加接種は1期初回接種終了後、6か月以上の
 間隔をおいて1回。
 2期は9歳から10歳に1回。13歳になるまでに接種。
費用等  接種費用は無料。
 協力医療機関に予約のうえ接種してください。

※日本脳炎2期の予診票については、小学4年生になる春に郵送します。

特例接種について

 日本脳炎の予防接種は、平成17年度から平成21年度にかけて、接種の積極的勧奨が差し控えられていましたが、これにより接種を受ける機会を逃した方については、特例接種として無料で受けることができます。
 詳しくは、ご案内のちらしをご参照ください。

特例接種について→特例接種のお知らせ[PDFファイル/182KB]

協力医療機関→2019協力医療機関 [PDFファイル/208KB]

特例接種についての画像

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)