ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

還付金詐欺にご注意を!!

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2021年9月21日更新
<外部リンク>

電話で「介護保険料の還付金がある!」「ATMに行って!」などは、すべて詐欺です!!

三木市内でも、市役所の職員を名乗る不審電話が多発し、被害に遭われた方もいます。

次のような電話がかかってきたらご注意ください。

〇保険料を払い過ぎてます!

〇還付金があります!

〇暗証番号を教えてください!

〇ATMに着いたら電話してください!

〇今日中に手続きしないと無効です!

介護保険料の還付は、どんな時にありますか?

介護保険料は65歳以上の方にかかるため、64歳までの方に対して、市から介護保険料の名目で還付されることは絶対にありません。

40歳から64歳までの方の介護保険料は、国民健康保険税や、職場の健康保険組合の介護分として徴収されます。

 

【介護保険料の還付はこんな時に限ります】

〇死亡したとき

〇三木市外へ転出したとき

〇介護保険料が前年度よりも下がったことで、納めすぎになったとき

〇税務署などへ収入申告をやり直したことにより、介護保険料が下がったとき

〇納付書の二重払  など

還付金のお知らせは、必ず「郵便」でご連絡します!

介護保険料の還付金がある場合は、市役所の封筒で、必ず「郵便」でご連絡しています。

また、振込先(口座番号)については、同封の用紙に記入して、市役所へ返送していただくようにしています。

市役所が、電話で口座番号や暗証番号をお尋ねすることはありません。