ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

介護保険料

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年8月22日更新
<外部リンク>

 平成30年度から令和2年度までの第7期介護保険事業計画に基づき、第1号被保険者(65歳以上の方)の介護保険料を決定しています。

三木市の基準額(平成30年度から令和2年度まで)

(年額)62,400円

(月額) 5,200円

所得階層別の介護保険料(平成31年度)

介護保険料は、介護サービスにかかる費用などから算出される基準額をもとに、本人及び世帯員の前年の所得に応じて設定されています。

なお、平成31年度は、第1段階から第3段階(住民税非課税世帯)の方の介護保険料について、消費税増税に伴い軽減しています。

保険料段階 対象者

保険料率

(平成31年度)

年間保険料

(平成31年度)

第1段階 生活保護受給者、世帯全員が市民税非課税の老齢福祉年金受給者、世帯全員が市民税非課税で前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円以下の方 基準額×0.375 23,400円
第2段階 世帯全員が市民税非課税で、前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円を超え120万円以下の方 基準額×0.625 39,000円
第3段階 世帯全員が市民税非課税で、前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が120万円を超える方 基準額×0.725 45,240円
第4段階 市民税課税世帯であり、本人が市民税非課税で本人の前年合計所得金額と課税年金収入額の合計額が80万円以下の方 基準額×0.90 56,160円
第5段階 市民税課税世帯であり、本人が市民税非課税で本人の前年合計所得金額と課税年金収入額の合計額が80万円を超える方 基準額×1.00 62,400円
第6段階 本人が市民税課税で、合計所得金額が120万円未満の方 基準額×1.20 74,880円
第7段階 本人が市民税課税で、合計所得金額が120万円以上200万円未満の方 基準額×1.30 81,120円
第8段階 本人が市民税課税で、合計所得金額が200万円以上300万円未満の方 基準額×1.50 93,600円
第9段階 本人が市民税課税で、合計所得金額が300万円以上400万円未満の方 基準額×1.70 106,080円
第10段階 本人が市民税課税で、合計所得金額が400万円以上600万円未満の方 基準額×1.75 109,200円
第11段階 本人が市民税課税で、合計所得金額が600万円以上の方 基準額×2.00 124,800円
  1. 「課税年金収入額」とは、税法上課税対象の収入となる公的年金等(国民年金、厚生年金、共済年金などで、障害年金や遺族年金は非課税のため含みません。)をいいます。
  2. 「合計所得金額」とは、収入額から公的年金等控除額、給与所得控除額、必要経費などを引いた金額です。(医療費、社会保険料、扶養等の控除額を差し引く前の金額です。)
  3. 「老齢福祉年金」とは、明治44年4月1日以前に生まれた方、または大正5年4月1日以前に生まれた方が受けている年金をいいます。

介護保険料決定通知書を毎年7月に郵送

 三木市では、毎年4月から翌年3月分までの介護保険料を「介護保険料決定通知書」により、7月にお知らせします。

 年金からの天引き以外の方には、納付書を同封していますので、納期限までにお近くの金融機関でお支払いください。