ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ひょうご情報公園都市次期工区の産業団地整備に関する基本合意書 調印式について

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2021年5月24日更新
<外部リンク>

概要について

 仲田市長が就任当初より「ひょうご情報公園都市次期工区」の必要性を訴え、兵庫県に3年にわたり継続して働きかけてきました。その結果、令和3年3月に兵庫県が「ひょうご情報公園都市の未開発区域で令和3年度より次世代型産業団地整備に向けた現地調査・各種検討をする」と発表をしました。これを受けて、5月24日に兵庫県と三木市が共同で事業を進めることとし、「ひょうご情報公園都市次期工区の産業団地整備に関する基本合意書」を締結しました。今後、令和6年度に工事着手、令和8年度に分譲開始を目指して事業を進めていきます。

 開催日時    令和3年5月24日 (月) 午後1時

 開催場所      三木市役所 5階 大会議室

 出席者       兵庫県 兵庫県公営企業管理者

         三木市 三木市長

調印式

協定内容(概要)

  (1)目  的: 企業立地の促進や雇用の確保などの地方創生を共同で取組む

  (2)対象地域: 山陽自動車道北側の約100ha

  (3)役割分担: 兵庫県 産業団地の造成及び分譲、産業団地整備に係る総合調整

            三木市 道路、上下水道、公園の整備 (地元協議調整) など

新規企業へのPR

 現在、ひょうご情報公園都市は約139haが開発されており、20社の企業が立地しています。
今回、兵庫県と三木市は基本合意書を締結し、協力して新たに約100haの開発を行い企業誘致を図ります。
 ひょうご情報公園都市は立地条件が良く、山陽自動車道からのアクセスも近く、新名神高速道路が供用されたことから東方面へは大阪、京都方面への移動が早くなりました。西方面は姫路をはじめ岡山や広島へ、南方面は三木ジャンクションから淡路や四国等、多方面に早く移動できる利点があります。
 また、20Gbpsに増速した兵庫情報ハイウェイに直結するなど、5Gをはじめとする新たな通信技術の基盤を整備するため、最先端の企業ニーズに対応しています。
 さらに、大規模開発による大面積の分譲ニーズにも応えることができ、多岐にわたって魅力ある産業団地となります。

参考

 企業庁<外部リンク>