ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

水洗便所等改造資金融資あっせん制度

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年3月1日更新
<外部リンク>

 市は、公共下水道の整備を積極的に推進していますが、公共下水道が整備された地域では、各ご家庭でトイレや台所、風呂などの排水を下水道に流すための工事、すなわち水洗化工事が必要となります。
 公共下水道が整備された地域の方は、トイレが汲み取り式の場合は下水道の整備から3年以内に水洗便所に改造し、台所・風呂の排水と併せて下水道管に接続しなければなりません。
 また、し尿浄化槽で既に水洗便所のご家庭も3年以内の出来るだけ早い時期に接続することが必要です。
 そこで、下水道課では水洗化の普及促進と環境衛生の向上を図るため、公共下水道の処理区域内の汲み取り便所を水洗便所に改造するなどの工事に必要な費用について、次のとおり資金の融資あっせんを行っていますので、お気軽にご利用ください。

融資あっせん制度

  • あっせん額
    一戸につき80万円まで借りられます。
  • 融資利率
    別に定めた利率(保証料を含む)
    <融資利率は2.4パーセントです>
  • 返済の方法
    60ヵ月以内の元利金等返済又はボーナス併用元利均等返済により借りた翌月から口座振替で返済していただきます。
  • あっせん条件
    • 建物の所有者又は所有者の同意を得た使用者
    • 市内に住所を営む者で、独立の生計を営み、償還能力を有するもの
    • 個人が行う水洗化工事であること
    • 市税や下水道受益者負担金を滞納していないこと
    • 市の融資や貸付けを受けて滞納していないこと
    • 保険会社等の信用保証が受けられること
    • 融資金は指定工事店の預金口座に振り込むこと

融資取扱金融機関

 下記に掲げる市内の金融機関が融資取扱金融機関となります。

  • 三井住友銀行
  • 但馬銀行
  • みなと銀行
  • 姫路信用金庫
  • 播州信用金庫
  • 尼崎信用金庫
  • みのり農業協同組合
  • 兵庫みらい農業協同組合

申込方法

必要なもの

 実印、健康保険証、借入先の預金通帳

市役所でとっていただく書類

 住民票、固定資産税評価証明書、所得証明書

注意点

 借入申込書は必ず申請者ご本人が記入してください。
 申込み後、金融機関の審査があり、審査の結果、融資を受けることができない場合もあります。
 また、申込み時とは別に、金融機関との契約時に申請者の印鑑証明書が別途必要です。
 

水洗化工事は

水洗化工事は指定工事店へ

 水洗化工事は、市の指定を受けた「排水設備指定工事店」でないとできませんので、市の指定を受けた排水設備指定工事店へお申込みください。

見積書をもらいましょう

 工事の契約をする前に、見積書をもらって内容をよく検討し、あとで金銭的なトラブルのないようにしてください。

工事の契約

 水洗化工事は、家屋の増改築工事等と同様、施主様と指定工事店との契約で行うものです。指定工事店と十分話し合って、決めてください。

排水設備工事の申請手続き

 指定工事店が代行で申請手続きを行う場合において、申請書類に署名押印するときは、内容をよく確認してください。

保証料の補給

 平成18年4月1日以後に、この融資あっせん制度により貸付を受けられた方がその返済を完了した時は、その方からの申請により保証料に係る金額を予算の範囲内において補給することが出来ることとなりました。