ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

新婚生活を始められる方へ

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年4月1日更新
<外部リンク>

新婚さんの新生活を応援します!!

  新婚世帯の住居費や引越費用の一部(基本補助:上限30万円、最大上限100万円)を支援します。三木市では、新婚世帯の住宅の取得、賃貸費用や引越費用の実費に対し、上限で30万円を支援する「結婚新生活支援事業」を実施しています(この制度は国の結婚新生活支援事業費補助金を受けて実施しています)。

1 対象となる世帯(申請期間:令和4年4月1日~令和5年3月31日)

  1. 婚姻日が令和4年1月1日以降の夫婦※1のうち、双方が39歳以下で、かつ総所得金額等が400万円未満の世帯※2であること(※1転入時に戸建て購入の方は、婚姻後5年以内に条件が緩和されます。)(※2夫婦どちらかが、結婚を機に退職し、申請日において無職の場合は、所得金額を0円とみなします。また、三木市空き家バンクに掲載されている一戸建て住宅を購入もしくは賃借した場合については所得制限なしとなります。)
  2. 補助金の申請をした翌年度から2年以上本市に居住すること。
  3. 市税について滞納していないこと。

2 対象となる費用

  1. 住居費 市内に住宅を取得する費用又は市内の住宅物件(公営住宅を除く)の賃借料(月額賃料、敷金、礼金、共益費等)。ただし、住宅手当は除く。
  2. 引越費用市内の住宅物件(公営住宅を除く)への引越費用
  3. リフォーム費用(工事費用100万円以上の工事であり、申請者所有の戸建て住宅に対するリフォームで、工事前に申請していること。代金支払が令和5年3月31日までであること。)

3 補助金の額

  (1) 基本補助・・・住居費及び引越費用の合計額(上限30万円)、またはリフォーム費用(上限30万円)

  (2) ご夫婦ともに29歳以下で、中古住宅を購入した場合・・・住居費(上限50万円)

  (3) ご夫婦ともに29歳以下で、三木市空き家バンク掲載の中古住宅を購入した場合・・・住居費(上限100万円)

4 申請について

  補助要件を満たしている方は、三木市結婚新生活支援事業補助金交付申請書に加え必要に応じて、次の書類を添えて提出して下さい。

  1. 婚姻届受理証明書その他婚姻を証する書類
  2. 所得証明書
  3. 見積書その他補助対象経費の内容を確認できる書類
  4. 離職票の写し(夫婦の双方又は一方が婚姻を機に離職し、申請日において無職である場合に限る。)
  5. 貸与型奨学金の返還額が分かる書類(貸与型奨学金を返済している場合に限る。)
  6. 住宅手当の支給を証する書類(勤務先から住宅手当の支給を受けている場合に限ある。)

 ※ その他市長が必要と認める書類を提出していただく必要があります。

5 申請書類

申請書
様式第1号 三木市結婚新生活支援事業補助金交付申請書 [PDFファイル/229KB]

申請後、補助金支給のために必要な書類

様式第7号 三木市結婚新生活支援事業実績報告書 [PDFファイル/164KB]
様式第9号 三木市結婚新生活支援事業補助金請求書 [PDFファイル/91KB]

住宅購入をされた方は、申請時に下記の書類も必要です)

様式第2号 三木市結婚新生活支援事業事業計画書 [PDFファイル/49KB]

変更、中止等が生じたときの申請書
様式第4号 三木市結婚新生活支援事業補助金交付決定内容変更承認申請書 [PDFファイル/126KB]
様式第6号 三木市結婚新生活支援事業中止(廃止)承認申請書 [PDFファイル/93KB]

6 結婚新生活支援事業実施計画について

本補助金の一部は、国の「地域少子化対策重点推進事業」を活用しています。

事業計画の詳細は、下記の実施計画書をご覧ください。

地域少子化対策重点推進事業実施計画書 [PDFファイル/157KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)