ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

軽自動車税

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年4月1日更新
<外部リンク>

環境性能割

 令和元年(2019年)10月1日より、自動車取得税(県税)が廃止となり、軽自動車税に「環境性能割(市税)」が創設されました。この「環境性能割」は、軽自動車を取得する際に課税されるものです。

 なお、「環境性能割」は当分の間、都道府県が賦課徴収を行います。詳細につきましては兵庫県ホームページ<外部リンク>をご覧ください。

 

種別割

納税義務者              

 毎年4月1日現在、市内に軽自動車等を所有している人。

 なお、種別割に月割課税制度はありませんので、4月2日以降に譲渡や廃車等の申告をされても、その年度分の税金は全額納めていただきます。

税率

 原動機付自転車、二輪車、小型特殊自動車

区分

税率(年額)

原動機付自転車

排気量50cc以下(定格出力0.6kw以下)のもの

2,000円

排気量50cc超90cc以下(定格出力0.6kw超0.8kw以下)のもの

2,000円

排気量90cc超125cc以下(定格出力0.8kw超1kw以下)のもの

2,400円

※ミニカー(三輪以上で排気量20cc超50cc以下)(定格出力0.25kw超0.6以下)

3,700円

二輪の軽自動車(排気量125cc超250cc以下)

3,600円

二輪の小型自動車(排気量250cc超)

6,000円

小型特殊自動車

農耕作業用(最高速度が35km/h未満のもので、農耕トラクタなど乗用装置のあるもの)

2,400円

その他作業用(一定の規格以下で、最高速度が15km/h以下のフォークリフト・ショベルローダなど)

5,900円

※ミニカー…屋根付き三輪を除く。また、四輪バギーはミニカーの区分とする。

 

三輪以上の軽自動車

区分

税率(年額)

平成27年3月31日までに最初の新規検査を受けたもの(1)

平成27年4月1日以降に最初の新規検査を受けたもの(2)

最初の新規検査から13年経過したもの(重課)(3)※

三輪(総排気量660cc以下)

3,100円

3,900円

4,600円

四輪以上のもの

(総排気量660cc以下)

乗用

自家用

7,200円

10,800円

12,900円

営業用

5,500円

6,900円

8,200円

貨物用

自家用

4,000円

5,000円

6,000円

営業用

3,000円

3,800円

4,500円

 

※平成28年分から、グリーン化を進めるため最初(新車)の新規検査から13年を経過した軽四輪等について、(2)の税率の20%程の重課を導入しています(3)。ただし、「燃料の種類」が、電気・天然ガス・メタノール・混合メタノール・ガソリン電力併用の軽自動車並びに被けん引車は除きます。

※「最初の新規検査」とは、自動車検査証に記載されている「初度検査年月」です。

 

グリーン化特例(軽課)

令和3年4月1日から令和4年3月31日までに最初の新規検査を受けた三輪以上の車両のうち、排出ガス性能及び燃費性能の優れた環境負荷の小さい車両について、翌年度に限り種別割の税率が軽減されます。

車種区分

税率(年額)

標準税率

電気自動車、天然ガス自動車

ガソリン車、ハイブリッド車

75%軽減

50%軽減(1)

25%軽減(2)

三輪(総排気量660cc以下)

3,900円

1,000円

2,000円

3,000円

四輪以上のもの

(総排気量660cc以下)

乗用

自家用

6,900円

1,800円

3,500円

5,200円

営業用

10,800円

2,700円

 

 

貨物用

自家用

3,800円

1,000円

 

 

営業用

5,000円

1,300円

 

 

75%軽減 …電気自動車・天然ガス自動車に適用する排ガス要件 : H21年排出ガス10%低減又はH30年排出ガス規制適合

50%軽減(1)…乗用車 : R12年度燃費基準+90%達成車

25%軽減(2)…乗用車 : R12年度燃費基準+70%達成車

 (1).(2)ともにガソリン車・ハイブリッド車で、平成17年排出ガス規制75%低減達成車又は平成30年排出ガス規制50%低減達成車に限る。

 

申告(こんな時には届出が必要です)

軽自動車等の所有者となった場合は15日以内に申告手続きが必要です。また、市外へ転出した、譲渡又は廃車した場合は30日以内に申告手続きが必要です。

申告先

車種

申告先

125cc以下の原動機付き自転車

ミニカー、小型特殊自動車(農耕作業用、その他)

三木市総務部税務課 

Tel 0794-82-2000(代)

三木市吉川支所市民生活課 

Tel 0794-72-0180(代)

125ccを超える二輪車

神戸陸運管理部兵庫陸運部

神戸市東灘区魚崎浜町34-2

Tel 050-5540-2066

四輪(三輪を含む)の軽自動車

軽自動車検査協会兵庫事務所

神戸市東灘区御影本町1丁目5-5

Tel 050-3816-1847

※普通自動車税につきましては、加東県税事務所(Tel 0795-42-9311)までお問い合わせください。

申告に必要な持ち物

原動機付自転車、ミニカー、小型特殊自動車(農耕作業用車等)の標識は市税務課で交付を行います。

持ち物はこちら→申告に必要な持ち物 [PDFファイル/291KB]

*125ccを超えるバイク・四輪の軽自動車の申請に必要な持ち物については、各申告先にお問い合わせください*

申告書のダウンロード

登録       ・軽自動車(原付・小型特殊)税申告書兼標識交付申請書

廃車等      ・軽自動車(原付・小型特殊)税廃車申告書兼標識返納書

納税証明(車検用) ・軽自動車税証明申請書

納税方法

 納税通知書を5月中旬に送付します。納付書で納める方は、納期限(5月末日)までに、近くの銀行・郵便局・農協などの金融機関、コンビニで納付してください。また、納付書についているバーコードを用いてクレジットカードやインターネットバンキング、スマホアプリを利用して納付することも可能です。

 なお、市税の納付は、便利な口座振替をご利用ください。口座振替で納める方は、納期限日に振替します。

減免について

身体障害者手帳、戦傷病者手帳、療育手帳および精神障害者保健福祉手帳をお持ちの人で、一定の要件に該当する人※は種別割の減免を受けることができます。(原付、小型二輪なども含みます。)

 ただし、普通自動車の減免を受けていない場合に限ります。

※減免を受けられるための要件に関しましては、税務課管理係までお問い合わせください。

減免を受けることができる軽自動車等 

  1. 身体障害者等が所有し、もっぱら本人が運転する軽自動車等
  2. 身体障害者等が所有し、生計を一にする者がもっぱら身体障害者等のために運転する軽自動車等
  3. 身体障害者等のみで構成された世帯の者が所有し、常時介護する者がもっぱら当該身体障害者等のために運転する軽自動車等
  4. 身体障害者等と生計を一にする者が所有し、もっぱら身体障害者のために運転する軽自動車等
  5. その構造がもっぱら身体障害者等の利用に供するものである軽自動車等

減免申請の手続きについて

申請期間

 4月1日から同年納期限(5月末日)まで

 ※期限を過ぎると当該年度の減免は受付できませんので、ご注意ください。

 

申請場所

 三木市総務部税務課 又は 三木市吉川支所市民生活課

必要書類

 障害者手帳などをお持ちの方の減免の場合

  1. 障害者手帳等 2.運転免許証

構造変更自動車の減免の場合

 車検証 ※車検証に構造改造の記載がないときは、仕様書・写真等、軽自動車の構造が分かるものが必要です。

原付バイク等の廃車事由に注意してください。

 ナンバーの返却(廃車)ができるのは、「車体を破棄する」「他人に譲渡する」「三木市から転出をする」などの所有権がなくなった場合か、定置場が変更になり三木市の課税権がなくなった場合に限ります。

 詳しくはこちら [Wordファイル/23KB]をご覧ください。

その他 よくあるご質問等

よくある質問はこちら   →Q&A [PDFファイル/82KB]

農耕作業車・小型特殊自動車の申告について

このページに関するお問い合わせ先 

〒673-0492 三木市上の丸町10番30号  (三木市役所 3階)

三木市役所 総務部 税務課 管理係 Tel 0794-82-2000【内線2317】

原動機付き自転車の画像

 

 

 

 

 

 

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)