ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国民年金加入の手続き

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年4月1日更新
<外部リンク>

 国民年金は、老後の生活保障だけでなく、万が一、病気やケガで障害が残ったときや、一家の働き手が亡くなったときなどに、家族の生活を守ってくれる制度です。
 日本に住む20歳以上60歳未満のすべての方は、国民年金に加入して保険料を納めることになっています。次のようなときには、手続きをしてください。

20歳になったとき

 年金事務所から国民年金の案内文書が送付されますので、内容をご確認のうえ、同封の「国民年金被保険者関係届書(申出書)」を市役所市民課年金係または吉川支所市民生活課へ提出してください。

 ただし、20歳になった時点で次に該当する方は、「国民年金被保険者関係届書(申出書)」の提出が不要です。

  • 厚生年金や共済年金に加入している方(第2号被保険者)
  • 第2号被保険者に扶養されている配偶者の方(第3号被保険者)・・・配偶者の勤務先で手続きを行います。

会社などに就職したとき

 会社や官公庁などへ就職し、厚生年金や共済年金に加入される方は、勤務先を通じて手続きを行います。
 その際、年金手帳もしくは基礎年金番号通知書が必要です。

会社などを退職したとき

 会社や官公庁などに勤務し、厚生年金や共済年金に加入していた方が、60歳になる前に退職したときは、国民年金に加入する手続きが必要です。
 この場合、扶養している配偶者も、国民年金の種別変更の手続きをして、保険料を負担していただくことになります。
 次の書類を持って、市役所市民課年金係または吉川支所市民生活課で手続きを行ってください。

  • 年金手帳もしくは基礎年金番号通知書
  • 印鑑
  • 退職した日が確認できる書類

 なお、退職後に収入が減少して保険料の負担が困難な場合は、免除制度などがありますのでご相談ください。

配偶者の扶養に入ったとき

 国民年金に加入している方が、結婚や退職などにより、厚生年金または共済年金に加入している配偶者の扶養となった場合、届出をすると、国民年金の保険料を納める必要はありません。

 本人及び配偶者の基礎年金番号の分かるものを持って、配偶者の勤める事業所で手続きを行って下さい。この際、確認の書類が必要な場合があります。

配偶者の扶養から外れたとき

 所得の増加などで、厚生年金または共済年金に加入している配偶者の扶養から外れたときは、国民年金の種別変更の手続きをして、保険料を負担していただくことになります。

 次の書類を持って、市役所市民課年金係または吉川支所市民生活課で手続きを行ってください。

  • 年金手帳もしくは基礎年金番号通知書
  • 印鑑
  • 被扶養配偶者でなくなった日が確認できる書類