ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 堀光美術館 > 第21回アート・フェス 受賞作品

第21回アート・フェス 受賞作品

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年5月7日更新
<外部リンク>

アート・フェス公募展ポスター

入賞作品

三木市長賞

三木市長賞受賞作
野崎美佐代「宵待ち」

アート・フェス賞

アート・フェス賞受賞作
岩川七海「閃光ポリメトリック」

三木市教育委員会賞

三木市教育委員会賞受賞作
田中有作「向こうへ」

兵庫県芸術文化協会賞

兵庫県芸術文化協会賞受賞作
藤原昌代「春風」

神戸新聞社賞

神戸新聞社賞受賞作
加納正基「黒子のある女」

朝日新聞社賞

朝日新聞社賞受賞作
杣田千恵子「刻-Toki-」

毎日新聞社賞

毎日新聞社賞受賞作
​浅川恭子「ほおずき」

読売新聞社賞

読売新聞社賞受賞作
神谷奏子「クルミの殻にスミレとバラの花びらをお布団にして眠る親指姫」

​産経新聞社賞

産経新聞社賞受賞作
小鑓ひとみ「象と青い花」

サンテレビジョン賞

サンテレビジョン賞受賞作
村田菜津美「新参者」

エフエムみっきぃ賞

エフエムみっきぃ賞受賞作
ナカムラチエ「記録」

講評

 

 今年は応募規定が変わり、ミニアチュール部門のみとなりましたが、183点の応募がありました。ミニアチュール部門としては、昨年と比較し若干の増加となりました。
  作品全体を通して、充実した作品が多く、レベルアップを感じました。今回は、展示等の都合で入選数を厳選することとなり、大変苦慮しました。入選以外にも良い作品がありましたので、誠に惜しい思いでした。
 三木市長賞・野崎美佐代さんの「宵待ち」は、金箔を使った装飾的な背景に凛とした女性の姿が印象的です。アートフェス賞・岩川七海さんの「閃光ポリメトリック」は、小さな画面の中に多くのものを上手く配置しています。全体的な色調も整い、心惹きつける作品です。三木市教育委員会賞・田中有作さんの「向こうへ」は、有り得ない世界を凹凸によって表現しているところに工夫が感じられます。また、落ち着いた色彩がよいと思います。兵庫県芸術文化協会賞・藤原昌代さんの「春風」は、構図や色が独特で、今後の期待を込めての、昨年に続いての受賞です。

審査員 熱田守

 

アートフェス公募展