ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋

市長の部屋

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2020年10月1日更新
<外部リンク>

ごあいさつ

 朝晩めっきり涼しくなり、秋の気配を感じる好季節となりました。
 さて、8月15日から9月15日までの1か月間に実施してまいりました「神戸電鉄粟生線 三木駅デザイン総選挙」について、投票結果が出ました。
 最も投票数が多かった「B案:モダン風(斬新・現代風)」に決定いたしました。
 デザインの特徴は縦ストライプと曲面の大屋根が駅舎全体を包み込む優しさをイメージしたもので、投票総数5,520票のうち、約4割となる2,214票を集めました。とりわけ、10歳代の将来の三木市を担う若年層の支持を集めたことが特徴です。駅の顔はもちろんのこと、新たな三木市の顔として、末永く愛される駅を築いてまいります。
 新駅舎の着工は令和3年5月頃の予定で、令和3年12月頃の利用開始を目指しています。
 全国の多くの皆様から1億円を超えるご寄附をいただき、誠にありがとうございました。応援していただく皆様のお気持ちに感謝し、今後とも愛着と誇りを持って暮らせるまちづくりを進めてまいります。

                                           令和2年10月
                                             三木市長 仲田 一彦

神戸電鉄粟生線三木駅の新駅舎のデザイン「モダン風」に決定しました

 神戸電鉄粟生線三木駅再生検討協議会1 神戸電鉄粟生線三木駅再生検討協議会2

9月30日、第5回神戸電鉄粟生線三木駅再生検討協議会が開催され、「三木駅デザイン総選挙!!」の投票結果が発表されました。

三木駅の新駅舎デザインは「モダン風(斬新・現代風)」に決定しました。

三木駅の復旧のみならず駅周辺のにぎわいづくりとともに、粟生線の更なる活性化を図っていきます。

 

美嚢川にかかる「かじや橋」が開通しました

テープカット 渡り始め式

9月26日(土)、末広地区と別所町高木地区を結ぶ県道三木宍粟線(高木末広バイパス)において、美嚢川をまたぐ新たな橋「かじや橋」が開通しました。

交通量の多い周辺地域では、これまで朝夕を中心に慢性的な交通渋滞が発生し、交通安全上の課題もありました。

安全で円滑な交通を確保するため、県は平成18年より高木末広バイパスの整備に着手。地元住民の皆さまや関係者一人一人の温かい思いが大きな推進力となり、「かじや橋」の完成に結び付きました。

さらに、令和3年には、バイパス南側から県道加古川三田線までの開通が予定されており、交通利便性の向上とともに、まちのさらなる発展が見込まれます。

「みっきぃとくとく・マイナポイント」の対象決済サービスを決定しました

対象決済サービスの会見

7月28日、国のマイナポイント事業と連携した「みっきぃとくとく・マイナポイント(略称:みきマイナ)」の対象決済サービスをPayPayと楽天Edyに決定したことについて、PayPay株式会社と楽天Edy株式会社と合同での記者発表を行いました。

本事業は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている地域経済を活性化するとともに、感染予防対策として、会計時の接触を減らすことなどを目的としており、マイナポイントでの決済サービスを「PayPay」、「楽天Edy」のいずれかに指定し、市内対象店舗で買い物をすると市からの25%のポイントが上乗せされ、国事業の25%のポイントと合わせて利用額の50%(上限1万円)の還元が受けられるものです。

市内消費拡大、地域経済の回復のきっかけになればと考えています。

ぜひご利用ください。

みっきぃとくとく・マイナポイントはこちら

全国高校・中学ゴルフ選手権春季大会を三木市で開催します

 春高ゴルフ会見

6月4日、全国高校・中学ゴルフ選手権春季大会を三木市で開催することを発表しました。

今年度は令和3年3月22日~26日に行われ、毎年開催されます。

三木市では同大会の開催を契機に、若い競技ゴルファーの聖地化を目指し、ゴルフのまち三木のブランド化を推し進めます。

 

市長の部屋(令和元年度)