ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋

市長の部屋

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2019年7月1日更新
<外部リンク>

ごあいさつ

 いよいよ夏の到来を迎えました。今年は例年に比べ梅雨入りが遅く、気象庁が統計を取り始めて
から最も遅い梅雨入りとなりました。
 さて、「令和」の新しい時代が幕をあけ早2か月が過ぎました。三木市は昭和29年に市制を施行
し、この記念すべき年に65周年を迎えました。この節目の年に立ち、改めて先人の方々の多大なる
尽力により三木市が発展してきたことに敬意を表し、心から感謝申し上げます。
 これまで築き上げてこられた歴史や文化、産業などを次の世代にしっかりと継承するとともに、
新たな気持ちで、市民の誰もが誇りを持って暮らせるまちづくりに、一層邁進してまいります。

                                  令和元年7月
                                    三木市長 仲田一彦

「社会を明るくする運動」街頭啓発活動が実施されました

7月2日(火曜日)(市内ショッピングセンター前)

社会を明るくする運動2 社会を明るくする運動0

社会を明るくする運動3 社会を明るくする運動1

三木保護区保護司会、三木市更生保護女性会の皆様のご協力を得て、第69回「社会を明るくする
運動」の街頭啓発活動が市内ショッピングセンター前など5箇所で実施されました。
この「社会を明るくする運動」は「すべての人が、犯罪や非行の防止に力を合わせ、安全で安心
な地域社会を築こう」とする全国的な取組です。

「スペシャルオリンピックス日本・兵庫 テニス競技会」が開催されました

6月16日(日曜日)
スペシャルオリンピックス

ブルボンビーンズドーム(兵庫県立三木総合防災公園屋内テニス場)にて開催されました。
スペシャルオリンピックスとは、知的障害のある人たちにスポーツトレーニングとその成果の発表
の場である競技会を、年間を通じ提供されている国際的なスポーツ組織で、三木市ではテニスと馬
術競技の活動が行われています。

「二十歳の山田錦物語」が開催されました

6月9日(日曜日)二十歳の山田錦物語(山田錦の館、吉川町前田)
二十歳の山田錦物語1二十歳の山田錦物語2
           二十歳の山田錦物語3
酒米生産者と蔵元と若者がひとつになって山田錦の生産から日本酒の流通までの体験をしていただ
くことを通じ、日本酒のすばらしさを次の世代につないでいくことを目的とした「二十歳の山田錦
物語」事業。2回目となる今年は、吉川町前田地区が舞台となります。当日は5つの大学から、学
生23名が参加し、田植えをされました。

「災害時における軽トラックの貸与に関する協定」を締結しました

5月28日(火曜日)
三木市はJusetzマーケティング株式会社と「災害時における軽トラックの貸与に関する協定」
を締結しました。
これにより軽トラックの機動力を用いた迅速かつ細やかな避難所の開設等が可能となります。​

20190528災害時における軽トラックの貸与に関する協定120190528災害時における軽トラックの貸与に関する協定2

第3回吉川児童館にこにこまつりが開催されました

5月18日(土曜日)にこにこまつり(吉川総合公園)
20190518にこにこまつり120190518にこにこまつり2

20190518にこにこまつり320190518にこにこまつり4
吉川児童館を利用されている子育てママによるグループ「女子十九楽坊」。素晴らしい演奏と合唱
に魅了されました。また、各種団体に協力いただき設けられた楽しいあそびなどの各ブースでは、
子どもたちの笑顔があふれていました。

2020東京オリンピックにおける事前合宿を開催~フランス陸上競技代表チーム

4月27日 歓迎式典(県立三木総合防災公園)

4月27日 歓迎セレモニー(県立三木総合防災公園 陸上競技場 4月27日 歓迎セレモニー2(県立三木総合防災公園 陸上競技場)
​フランス陸上競技の選手の皆さんに「緑豊かな自然に囲まれ、落ち着いた環境の中で、思う存分ト
レーニングしていただきたい」と挨拶し、エールを贈りました。