ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

熱中症に気をつけましょう

印刷 文字を大きくして印刷 更新日:2020年6月26日更新
<外部リンク>

熱中症とは

 人間の身体は、平常時は体温が上がっても、汗をかいたり、皮膚温度が上昇することで、体温が外へ逃げる仕組みになっており、体温調節が自然と行われます。
しかし、様々な要因によって、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、血液の流れが滞るなどして、体温の調節機能が働きにくくなることがあります。その結果、体温の上昇やめまい、けいれんなどの症状を引き起こした状態を熱中症といいます。
熱中症は死に至る恐れのある病態ですが、適切な予防法を知っていれば防ぐことができます。
まわりで声をかけ合いながら、気をつけていきましょう。

熱中症の症状

重症度によって、次の3つの段階に分けられます。

熱中症の症状と対策
重症度 症状 対策

重症度1

めまい、立ちくらみ
筋肉痛、こむら返り
手足のしびれ、気分の不快

涼しい場所に避難しましょう
衣服をゆるめ、体を冷やしましょう
水分・塩分を補給しましょう

重症度2

頭痛
吐き気、嘔吐
倦怠感(体がぐったりする、力が入らない)

涼しい場所に避難しましょう
衣服をゆるめ、体を冷やしましょう
水分・塩分を補給しましょう
足を高くして休みましょう
自分で水分を摂れなければ、すぐに病院へ

重症度3

重症度2の症状に加えて、
意識障害(呼びかけに対して反応がおかしい)
けいれん
手足の運動障害(まっすぐに歩けない、走れない)
高体温(体に触ると熱い)

すぐに救急車を要請してください!
氷や水で、首・わきの下・足の付け根などを冷やしましょう

熱中症セルフチェック「現在のあなたの熱中症危険度は?」(日本気象協会)<外部リンク>

熱中症はどのようにして起こるのか?

熱中症を引き起こす条件は、「環境」と「からだ」と「行動」によるものが考えられます。

「環境」の要因  :気温が高い、湿度が高い、風が弱い、閉め切った室内
「からだ」の要因 :高齢者や乳幼児、肥満の方、糖尿病や精神疾患といった持病のある方など
「行動」の要因  :激しい筋肉運動、慣れない運動、長時間の屋外作業

これらの3つの要因により、熱中症を引き起こす可能性があります。

こんな人は特に注意!

こども

〇こどもが熱中症にかかりやすい理由 

  • 熱しやすく冷めやすい体格特性(体温調整能力が未発達なため)
  • なにかに夢中になると、のどが渇いたことに気づきにくい
  • 自ら、衣類の調節をしたり、涼しい環境へ移動するなどの手段がとれない
  • 地面に近いほど気温が高い(例:150cm:32.0℃、50cm:35.0℃)

☆次のことに気をつけましょう!

  1. 顔色や汗のかき方を観察しましょう(顔が赤く、ひどく汗をかいている場合には、深部体温がかなり上昇しているかもしれません。涼しいところで休憩しましょう)
  2. 適切な飲水行動を学習させましょう(喉の渇きに応じて適度な飲水ができる能力を磨きましょう)
  3. 日頃から、適度に外遊びをし、暑さに慣れさせましょう
  4. 服装を選びましょう

高齢者

〇高齢者が熱中症にかかりやすい理由

  • 「暑い」と感じにくくなる(老化に伴い、皮膚の温度センサーの感度が鈍くなるため)
  • 皮膚血流量と発汗量の増加が遅れ、体に熱がたまりやすくなる 
  • 体内の水分量が減少する(高齢者は若年者より体液量および血液量が少ないため)
  • のどの渇きを感じにくくなる(察知能力低下のため)

☆次のことに気をつけましょう!

  1. のどが渇かなくても水分補給をしましょう
  2. 部屋に「温湿度計」を置き、室内温度をこまめにチェックしましょう(暑い日には冷房を積極的に使用して室温を28℃前後に保つようにしましょう)
  3. 1日1回、汗をかく運動をしましょう(高齢になっても日常的な運動習慣を身につければ、体温調節機能の老化を遅らせることができます)

熱中症を予防するにはどうしたらいいの?

熱中症予防のポイント!

  1. 無理をせず、早めに冷房を使用しましょう
  2. こまめに水分をとりましょう
  3. こまめに休憩をとりましょう
  4. 適度な運動、十分な睡眠と栄養をとりましょう
  5. 家族・地域で声をかけ合いましょう
  6. 天気予報・熱中症情報(暑さ指数)に気をつけましょう

熱中症予防行動のポイント「ひょうごスタイル」(兵庫県) [PDFファイル/128KB]

暑さ指数(Wbgt)とは?

暑さ指数(Wbgt)は、人体と外気との熱のやりとり(熱収支)に着目した指標で、人体の熱収支に与える影響の多い、1.湿度、2.日射・輻射(ふくしゃ)など周辺の熱環境、3.気温の3つを取り入れた指標です。

三木市の現在の暑さ指数を調べてみよう!(環境省)<外部リンク>

熱中症の応急措置

熱中症の応急措置<外部リンク>

 

 

新型コロナウイルスと熱中症

外出自粛の生活が続いたことから、運動不足であったり、体が暑さに慣れていない可能性があります。 
また、マスクをつけた状態では、のどの渇きを感じにくいことや、マスクを着けたままでは水分補給をついつい避けてしまいがちになり、気づかないうちに脱水が進んでしまう可能性もあります。
さらに、脱水状態になると免疫機能が低下し、ウイルス感染症のリスクが高まることも考えられます。
外出自粛が続いている間は屋内で過ごすことが多くなりますが、日光にあたっていないからと油断せず、例年以上に水分補給を意識して、熱中症予防に心がけましょう!

2歳未満の子どもにマスクを使用するのはやめましょう!

  • マスクによって熱がこもり熱中症のリスクが高まる
  • 顔色や口唇色、表情の変化など、体調異変への気づきが遅れる、などの心配なことがあります。

~2歳未満の子どもにマスクは不要、むしろ危険!~

リーフレット

熱中症~ご存じですか?予防・対処法~<外部リンク>(環境省)            -2018年3月作成ー

啓発ポスター 予防

 

熱中症~思い当たることはありませんか?~<外部リンク>(環境省)      -2018年3月作成ー

啓発ポスター 高齢者

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)